NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

電気グルーヴ The Movie?を駆け足で見てきたんだよ、の巻

投稿日:

連日のアレコレでちょっとぐったりしていて2日くらい何にもしないでいようと思ったんですが、今日はコレを見てきました。

https://youtu.be/ZA2IfJxj6Ew

本当にすごく良い映画になってました(笑)。本人たちが「ゴミを集めた」「産業廃棄物」みたいなことを言ってたような気がするんですが「ちゃんとした映画になったなあ」というような事も言っていて、本当にすごく良い映画になっていましたよ。正直感動したっていうか。バンド映画としてすご〜く良いものになっていたんです。素晴らしい。

多分だいたいのことを書いても別にネタバレとかにはならないと思うのですが、やはり「当事者だけど第三者のまりん」の語り部としての役割は相当に重要になっていて、特に「Vitaminn」のところと「A」のところがね。なんとも味わい深いものになっていました。

確か「A」直後の頃に砂原さんは単独でサワサキヨシヒロさんと雑誌で対談してるんですが、そのことを思い出しましてね。うんー。その内容についてはめんどくさいから書きませんけれど(笑)。シルベッティのサンプリング云々は別として、果たしたものもあるのかなあ?色々思うところもあったのかなあ?なんて思ったり思わなかったり。もちろん「A」が最高傑作とは言わないですけどね。うむー。

前後しますが「Vitaminn」についてのくだりのところは、よく聞く話でしょ?

ここでイキナリ電気グルーヴとは関係の無い話を始めますが(笑)この、くるりのシングルもね。色々思うところがあるわけです。

https://www.youtube.com/watch?v=9-VN4sA7szM

この曲も「リリースの時にちょっと揉めたらしい話」をどこかで読んだんですが、本当なのかな?僕はくるりのこの曲については、深夜枠でやってたCMの方もすごく思い出すんですよね。深夜に訥々とこの曲が流れ出すんですけども。

ちょっと話が脱線しました。

啓蒙くさいことはあまり言いたく無いし、そういうことを言っている映画では無いけれど「いわゆる邦楽ファン」の人にこの映画見てほしいな、って思ったりもしました。

というか、あらゆる世界のチャレンジャーに。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.