NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

スターウォーズの新作に見に行ってみたらクソ面白かったしネタバレも辞さない話

更新日:

今日は突発的に「スターウォーズの新作見たいっす!」ってなったので近所のシネコンまで見に行ってきました。

結論から言うとクソ面白かったですね。ドラクエが毎度面白いように。ファイナルファンタジーシリーズが「クソ」と言われようと毎度面白いように。オレはXの続編の女子3人のやつがキャピキャピしてて好きだなー。

あ、スターウォーズね。

世代交代感のある非常に面白い映画になっていましたし、ある意味エピソード4と同じような話でもあるから「これ、永遠に続けられるなー」って思いました。まるで寅さんじゃねえか?っていう。

エピソード4ではベイダーが師匠であるオビワンを殺害してみたりしたけど、今作のエピソード7では「ベイダーに憧れる修行がハンパな若者」が、父親であるハン・ソロを殺害しちゃうみたいなね。いきなりネタバレですけど。

僕は熱心なスターウォーズマニアというわけでは無いので、事前に何かを読むとか情報を仕入れるってことは一切なかったので、それも楽しめる要因になったのかもしれないな。期待とかも別にしてなかったし!wwwww

で。

帰ってきてみて父親に「ハン・ソロが息子に殺されちゃうの!」って言ってみたら、話が通じるんですよね。

多分この映画って僕より25くらいは若い人が見たりすると思うんですが、例えば自分の祖父とかと話が通じると思うんですよね。食卓とかで。インターネットとか使わないおじいちゃんとか「ええ?マジかよ!?見るわ!」ってなると思うな。世代をつなぐ役割もになっちゃってるって言う。

ジョン・ウィリアムズのスコアも冴え渡っていたし、主題の使い方とかハンパなく良かったし、劇伴目指す人はエンドロールまでしっかり見ような。

最高に笑えたのが「え?一般人でも普通にライトセイヴァー使えるんだwwwww」っていう。セイヴァーは単なる道具でしか無いのでフォースを極めないと「単なる不便な武器」なのかもしれません。ここら辺は時代感が出てるかな?と。

あと、主人公のレイのフォース覚醒がものすごい性急な感じだったのも時代を感じますねー。まじかよ!?っていうwwwwwまあ、そういうもんなのかもしれません。

けれども「あのポンコツでいい!」って言って乗った宇宙船がミレニアム・ファルコンだったので、そこは心の中で「オイ!」って怒りました(笑)。あれ頑丈だなー。

っていうか世代交代がスターウォーズは遅すぎるのです。ジョジョくらいサクサクやってほしい。スターウォーズとか普通に現実の時間と同じくらいのスパンで世代交代になるんだもんな。サクサク物語を進めて欲しいですが、一応は大作扱いなのでしょうから、今後じっくり世代をつなぐ映画になってほしいなー、って思いました。

それと、アレだなー。BB-8?あの子の動きは「古き良きアメリカのキャラクター」って感じで良かったですね。まるでディズニーみたい!あ!ディズニーか!wwwww

ひとまずクソ最高でした!何も知らんでも楽しめると思うんだけど!

オレが最初に見たスターウォーズジェダイの帰還だったけど普通に面白かったもんな。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.