NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

iOS新アプリのMusic Memosがどんな伴奏付けてくれるのか気になったので久々にギター引っ張り出して来て歌った

投稿日:

時は20XX年。人類の随分がスマートフォンを持つようになりました。どれくらい持ってるんだろうか?割と持っていると思う。

 

特にiPhoneとかは使いやすいスマホですから持っている人も多いでしょうし。マイクが割と良かったりするからボイスメモを活用する人とかいるかもしれないですね。オススメな使い方が「アコギ一本弾き語りで歌のアイデアを取っておく」っていうやつでした。ふふん〜♫ってやると結構良い感じに録れるのです。それをイメージ画像とか歌詞とかと一緒にEVERNOTEに貼り付けておくっていう使い方が楽しかったんですが、今はONENOTEとかの方が良いっすね。EVERNOTE大丈夫かなあ。全然使わなくなりましたけど。

 

そういうソングライター向けにAppleが新しい純正音楽アプリを登場させましたね!

 

f:id:syunnakano:20160124001345j:plain

 

 

どういうもんかっていうと「何か旋律とかコードがわかるような音声を録音したらドラムとベースの伴奏を勝手につけてくれるアプリ」っていうもんです。なんだか面白そうだったので、僕もやってみることにしました。久しぶりに自作の「うた」を作ってみようかと思ったんですが、なんとなく最近脳内再生されるナカコーのiLL名義の時のやつをやってみました。

 


アップルの新アプリ使ってナカコーの歌歌ってみたくなったマン

 

声はあんまりしっかり出せてないです。恥ずかしかったから(笑)

 

ちなみに原曲はこういう感じ。

 


iLL / DeadlyLovely

 

僕は「ノーボーイズ・ノークライ」のサントラバージョンが好きなんですけども。けど映画見てないっていう。

 

タイトルもいいですよね。グーグル翻訳で訳すと「致命的なラブリー」ってなるようです。

 

使用感としては「ギター1本のデモに勝てるものを作れるか?」というところが課題

 

パッと鼻歌的にやってみて伴奏をつけてくれるのは結構面白いですよね。iPhone1台でもマイキングを工夫したら結構なデモになるかもしれないですね。

 

けれどもだね。

 

これ、ギター1本でバックトラックなし。完全弾き語りの方がデモとしてグッとくるものになるんじゃないのか?

 

っていう気がしちゃうのです。そう思いません?本当に良い歌唱とリリックとがあったら、それが一番グッとくるデモになると思うんですけどね。

 

まだまだ、コードの機能とかを使いきれてないのでなんとも言えないところなんですが、そのままロジックに持って行ってもトラックとしては「録音した箇所は1本のトラック」になってしまうので、どうやって使ったらいいんだろう?って。

 

けど、気軽にビートのあるソングライティングが出来るっていうのは結構面白い事なので、なにか言葉が降ってきたら歌を久しぶりに作ってみようかなあ?と思っていたりしますです。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.