DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Windows Helloは優秀らしい事を聞いて考えた「ぼくのかんがえた」アレコレ

投稿日:

f:id:syunnakano:20161030230848j:plain

表参道に出かける用事があったので、新型MacBookが展示されてるアポーストアに行ってきました。あれすごいね。ビックリしちゃった。多分クリエイト以外の用途であればトラックパッドは使わないでも色々完結できちゃうなー、と思いました。

そして。

僕は13インチの発注をしたんですけれども、15インチの出来栄えが本当にすごいので「むむ、予約し直そうか・・・?」くらいに思っちゃった。それくらいすごい感じやばい。けれども、多分それは僕の使い道とは違うと思われます。踏みとどまって13インチの発送を待ちます、早くもってこいー!1週間くらいで(笑)

そんな風に楽しみが増した感じでニコニコしながら、Twitter見てたらこんなん流れてきました。

blog.animereview.jp

ふむう。なるほどな、って思いました。(半分くらいわかってない)。

組織として管理する分にはWindowsについてる機能が、すごい良くできてるっていう事を書かれていらっしゃいます。

それはWindows Helloっていう技術なんですけど。

僕は先日のブログでSurface Bookを散々こき下ろしましたが、Surfaceにもいいところはあって、Windows Helloについては「あ、これは良いな」と思ったものです。いや、マジで。

・・・そこだけでしたけど(笑)あとは「FLがうごくー」とか。

個人的には「個人用でWindowsを使うのは好みの話として責め苦なので、MacBook一択だやっぱり」って思っているのですが、組織として使う分にはWindowsが採択している認証形式はずいぶん良くできているようです。

Windows Helloって、なんかカメラも複数使うんだよね?アレ。顔写真を持ってくるだけじゃダメなように出来てるんだって。セキュリティー的にはかなりガッチリしてんだってさ。これは良さだなあ、と思います。

良さだなあ、と思いながらも僕はアレコレ余計な事を考えてしまいました。

例えば会社の情報システムに接続はしないつもりでMacBookを自分で持ってきて仕事するとなったらどうなるだろ?

仕事の内容によっては「それもダメー」みたいなのはあると思うんですが、いわば紙のノートを持ち込むのと同じようなもんですから、厳密には「それなら紙のノートもダメー!」って話になると思いますけども。だって紙のノート最強だもんね。理由は後で書きますが。仕事内容によってはダメー!だけど、アリだろうと思います。

そして「なんかインサイダーでもなんでも良いけど、不正的なアレを俺がやろうとしたらどうなるだろう?」と。

半グレ銀行員がちょっとづつ口座から抜くみたいなああいうんじゃなくて、人間と人間同士の不正を始めたらどうなるだろう?と。

当然そんな事を会社の端末ではやらないですよね。1発でバレるもん。なんか俺にあったら1発でバレるもん。

そんならiPhoneか?とか思ったりします。なんせ管理のできないTouch IDが付いてるから。こないだアップルとFBIが揉めたりしてましたけれど、揉めるくらいのアレみたいだから、そりゃiPhone使うかなあ?と思ったりします。みんな持ってるし。

でも、これだって解除されたりするかもしれないからわかんない。なんかあったら「解除するための拷問」とかを闇の組織から受けそうだし、なんか怖い。

そしたら紙のノートだよな、っていう。

なんかあったら燃やせるし、推理小説なんかでも自動的に燃やす方法とかあったりしますが、あれ最強っすよ。データのように「なんかしら残る」みたいな事は考えづらい。完全に焼却できるはず。

僕だったら超重要な事だったら紙のノートにも書きませんけどね。記憶するようにします。あるいは「そもそも思い出せないようにする」です。

・・・

なんだか最終的に話がズレてしまって、事の本質からかけ離れた事を書き始めてしまったようにも思いますが、個人的には「2016年型のMacBook Pro最高!Touch Bar最高!早くよこせ!」って思いました。

あと、Windows Helloってそんなに便利なんだなー、と思ったのでSurface Bookはおとなしく、高性能のシンプルなクラムシェルも出したらどうなんだ?って思いますた。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.