NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン 日常 音楽

DROP打ちあがり。渋谷のシャンティーでスープカレーを食べてきた件

投稿日:

Drop(2月)お疲れ様でしたー。

https://www.instagram.com/p/BCBQyd0vkQF/

2016年一発目という事でモロモロ気合も入りつつ、とても楽しい時間を過ごせました。多謝!

僕自身のDJも、諸条件に恵まれたり、お客さんに助けられつつとても楽しくやれました。ホントに多謝!です。

https://www.instagram.com/p/BCBAHUUPkZV/

ありがとー!楽しかったです!

ピンぼけてしもた(汗)。ブースの中からもうちょっと写真撮ったり、動画撮ったり、ストリーミングとかをやってプレイのアーカイブも残しておきたいところなんですが、なかなか出来てないなあ。んー。そこら辺は今後の宿題というところですかね。

次回はラウンジネオにて4月16日です。

そして唐突に食レポ。渋谷シャンティーのスープカレー旨かったぞ

パーティー終了後、某イタリア系ハーフ男子DJ氏が「おなかすいた」「すごいおなかすいた」「なんか食べたい」「とにかく何か食べたい」という事で、早朝渋谷で何か食べることに。

ちょびっとフラフラした挙句、渋谷のシャンティーに行ってきましたよ。僕は入るの初めてなんですけど。

朝の7時までやっています。イベント後に軽く打ちあがるのにはちょうどいいかもしんないぞ。どうも本格的な北海道系スープカレーのお店のよう。うまそう(よだれ)。

そしてカレー屋さんといえば、やっぱり「辛味」っていうのは重要事項ですよね。

辛味レベルについて某男子DJによると「僕はメニュー最高レベル40倍カレーを食べて無言になった。裏メニューで400倍もあるらしい。次の日具合も悪くなった。だから40倍のやつを食べるべき。あなたも40倍で食べるべきだ」との事。この陽気なイタリア系、メチャメチャ言ってくるなwwww話してて楽しい人なんだけど。多分、メチャメチャさが文章で伝わりづらい。

いやさ?(笑)初回でいきなり限界ギリギリはないだろう?と。オレ、辛いものとかの耐性は強い方だし、そもそも辛い物好きだけど、どんな苦痛に耐えられるわけでもないぞ(笑)。ゴルゴダじゃないぞ(笑)おいしくご飯は食べたいぞ!

ということで、辛味15倍のカレーからスタート。メニューの説明書きによると「ここら辺の辛味レベルからだんだんトリップしてきます」とのこと。書き方としては「すごい辛い感じの一歩目」って感じですよね。そうか、これにしよう。

お店の人にも、軽く「大丈夫ですか(笑)」とか言われながらオーダーしました。

んで、いざ出てきてヒトクチ目を食べたんですけど・・・

確かに最初無言になったよね(笑)。思ってたほどではないんですが、結構辛い!一口目が結構辛い!こりゃ大変だ!こっから先が大変だ!って思いました。辛味系カレーにありがちな特徴というのが「食べていくごとに辛味が増していく感じがある」というものだからです。

でもこれさ。

食べてくうちに段々慣れてくるんだよね。辛さをあんまり感じなくなる。っていうか段々シャキっとしてくる。味覚がいい感じになってくる。「おー、こりゃうめえなあ」と。うまいうまい!と。これいいわ!

というわけで辛さ15倍のカレーをおいしく完食しました。これいいわ!オイラこれ気に入ったな!!とても気に入ったな!!

スープカレーとしては「結構塩気が強い」という風に感じたんですけど、辛味があるし、お米のご飯と一緒に食べるとちょうどいい感じでしたよ。想像してみてください。多分これで塩気が少なすぎると単なる刺激物になってしまいます。これはとてもちょうどいい感じなんだと思いますです、ハイ。

というわけでオレ的には大満足。いずれは400倍にチャレンジしてみたいところですね!多分それはやんないけど。

食べログの評価は平均点という感じでしたが、僕はこれ、大変に気に入りましたよ。オールやってお酒飲んだ後に、からーいスープカレー食べるのいいですね!

ちょっとクセになりそうだなー。おいしかったです。ごちそうさまでした。

 

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン, 日常, 音楽

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.