NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

iOS楽器アプリ

NanoStudioのリアルタイムパフォーマンス1例

投稿日:

NanoStudioはいいですなあ。生楽器系にはそれほど強くはないのですが良いシンセがついてますし、そこで補えないところは他のアプリからコピペできますからオーディオコピペがここまで進んでくるとNanoStudioに集めて行けばそれでかなりカッコいいトラックが充分に作れるような環境になってきていますね。

iOSでトラックを作るとなるとBeatMaker派とNanoStudio派に分かれてくると思うんですよね。僕も実はついこないだまでBeatMaker派だったのです。BeatMakerの方がiPhoneiPadのユニバーサル対応も先でしたし最初からプリセットが充実している感じはあったように思います。なんとな〜くザラついた感じも好みではあったのですが…

BeatMakerにはコピペでなぜか持って来れない場合が結構あるんですよね。なんでだろう?と思っていたのですが、なんだか規格が若干違うようで。バージョンアップも続けていますからその後変わってきているかもしれませんが、個人的にはNanoStudioがユニバーサルに対応してから、オーディオコピペを多用するようになってからは完全にNanoStudio派になってしまいましたね。

そこで、iOSボーカロイドであるiVOCALOIDからコピペしてこんな事をしてみましたよ。これがコピペできると本当に面白い!

 

コピペまでの行程は省いていますが、音を鳴らす事に関してはリアルタイムでやっています。これ1例にはなってくると思うんですよね。コピペが面倒だとこれをやる気が起きないですし(苦笑)

僕はしばらくの間BeatMaker派でしたから、まだNanoStudioは使い慣れていないところがあるのと気づいていないかもしれない機能があるかもしれないんですが、これ、輪唱部分はワンショット扱いのサンプルにしてあるんですが、ループについてはホールドできるかどうかがちょっとまだ使い込んでなくて調べきれてないんですよね。

これ、ホールドできてしまえばカオスパッドライクなコントローラーが内蔵されてますから、非常に面白いライブパフォーマンスも可能かもしれません。ノンストレスで。

 

実は打ち込んでしまってミュートでやる、なんて言う方法もあると思うんですが、それやるとこの輪唱はできないですよね。出来ない事はないんですが作り込まなきゃなりません。

 

パラメーター関係。サンプラー関係がかなり面白いのがNanoStudioの特徴ではあるのですが、ワンボタンでカンタンにサンプルのBPM合わせをしてくれたりなどと基本的に作り込む事に特化されているところがあります。あ、BPM合せについては強調したいのですが、これ、ホントに精度がかなりいいです。曖昧なサンプルでも中で編集してAUTO BPMを一回ポチッとするだけで、かなりいい感じです。これはポイントでかいです。

これでMPCライクなパターンシーケンス機能も内蔵されたら…最高に面白いんですけどねー。あとは数台シンクできればかつてのMPC使いの猛者たちがやっていたような「何台かのMPCでライブしちゃってカッコいい!」なんて事もできるようになるかもしれませんね。

 

開発者さん。頑張れー!音楽やる人って技術の人との結びつきって昔っから大きな影響になってるんですよね。技術屋さんとはちとちがいますが…ショパンが敬愛したらしいジョンフィールドという人が何をしてたか?っていうのもぜひぜひググってみてください。改めて僕も検索してみたんですが…実際こういうキャリアからミュージシャンとしての活動を活発にした人も結構いますよね。

 

 

-iOS楽器アプリ

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.