NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

iOS楽器アプリ

KONKREEET PERFORMERを使い倒せるか?検証でござるの巻

投稿日:

先日も紹介しましたiPad専門アプリケーションのKONKREEET PERFORMER。iPadがどれだけ優れた操作性を持ったコントローラーであるか、って言うのがわかりますね。

個人的にはLIVEを重用しますので、つなげばすぐ使える。設定もラクラクというTouchAbleをメインで使いたいところ。

ですが「ぶっちゃけ自分でも何をコントロールしているかわからない(笑)どのパラメーターがどんだけ動くのかわからない」というKONKREEET PERFORMERはライブでも使っていきたいものですね!

制作で使うとしたらKONKREEET PERFORMERは音色作成やちょっと不思議なループの作成。あるいはサンプラーに読み込むための素材。その名の通り(?)フィールドレコーディングしてきたものをアレコレしてビートを生成したりしたいですね。例えばパーカスのワンショットからでもエフェクターの使い方次第で不思議なビートが生まれたりしますからね。操作性もiPadみたいなタッチパネルでないと決して出来ないものだったりしますし!

で、出来上がったものを沢山集めてTouchAbleで組んでいく。打ち込んでいく。そういう風に使い分けたいな、と思います。

もちろん一発飛び道具としてライブで使用するのもありかと。

という事をふまえて(?)今回の動画撮影では「KONKREEET PERFORMERとableton LIVEだけを使い、2つのパーツからどれほどの変化を生み出せるのか?」というのをやってみました。有名なMax4LIVEパッチであるschwarzonatorもコントロールしてみましたよ。あまりにも前衛的な演奏になるのですが(笑)好みですねー、こういうのって。

いかがなもんでしょう?実際は単音だけでやった方がわかりやすかったかもしれませんねー。単音で演奏すると「ええええ???」っていう演奏になりますから。

ですがこの演奏もなかなか面白いと思います。もう一台iPadあるよ!iPhoneもあるよ!っていう方ならこれにKapture Padを同時接続したらかなりの事が出来そうな気もしますね。実際その組み合わせでライブできるでしょうし、制作はそれだけでは難しい気もしますが音色を作るのには最高の武器になるのではないでしょうか?

接続に関しては公式を見てもらうのが一番なので割愛しますが沢山のアイデアを即実行に移せる。そういう環境がiOS楽器に出そろってきた感じがありますね。

 

あとはそーだなー。

 

iPadにわかりやすくライン入力が標準装備されてカオスパッドでも出てきたら最高なんですけどね!(笑)

-iOS楽器アプリ

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.