DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン 日常 音楽

Traktorを最小限の機材でコントロールすべくショートカットの可能性を模索中

投稿日:

来週の金曜(25日)は下記のイベントにDJをします。

面白いもので、昔からのつながりからご一緒することになりました。以前White Space Labで久しぶりにお会いしたりしまして、こういった運びになりました。

食事もとてもおいしいそうでして、無農薬野菜をふんだんに使った料理がふるまわれるとのこと(有料ですけど)。食べたら体調がよくなるらしいです。ジョジョのアレか?オレのプロフィールから「肩こり」の3文字が消える日がくるのか!?楽しみですなあ!

もう一人の出演者も「オレが最高のテクノのライブアクト」だと思ってる人なので、音楽的にも楽しみ。

ぜひぜひ遊びに来ていただけたら、と思います。フライヤーもらってきたから明日配って歩くで。

と、楽しみなイベントなのですが。

今回のお店はいわゆるクラブではないので選曲にも気を使わないといけないなー、なんて思っていたりしますが、なにより機材がクラブのそれではないのです。

という事で今回もPCDJでのプレイになるんですが、D2とかを持っていくと置き場がないとか、そもそも重いとか、プレイがオラオラになりすぎてしまうとか、そういったことが考えられるので・・・

今回は思い切ってTraktorをインスコしたSurfaceBookとZ1だけでやってみようか?と思っていたりします。タッチパネルとキーボードショートカットを使えば案外楽しいんやで。

そこでキーボードショートカットでミスをしないようにする方法を考えていて「ショートカットコマンドが記載されているキーボードカバーとかがないかな?」って思ったりしてるんですが、基本的にああいうのってMacbookのサイズに合わせたものしかないんすよね。ううむ。どうしよう。

あ、でも、キーボードショートカットは色々試してみることをオススメしますよ。コントローラーを使っていると解らなかった事が理解できたりするので。特にリミックスデッキのシンプルな考え方とかが理解できると思う。

トラック全然持ってないけど、STEMSあたりもキーボードショートカットでコントロールしてみても良いかもしれないっすね。

ちょっといろいろ試してみよう。 

 

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン, 日常, 音楽

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.