DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

音楽

Butterfly Effect vol.1 @ White Space Lab

投稿日:

サブスク全盛、YouTube全盛のご時世ですが、今更ながら曲を買うことが多くなっております。

DJとかをやるからなんだね。去年くらいまでの数年は、やたらめったらに曲を作ることの方が多かったものだから、DJによるインプットをしっかりやりたい時期なのかもしれません。DJはアウトプットでもあるけれど。
もちろん曲もチョイチョイ作り始めています。
DJ用のトラックはもっぱらbeatportで買ってしまうのですけれど、やっぱりダウンロードで買ってると買う行為自体が作業化されすぎてしまって「音楽の買い方の工夫」って言うのをしたくなってきました。特にアーティストの事がようわからんようになってくるから、アレ。今のオイラ全然そこら辺がわからんもんね。好きな曲の傾向とかはあるんだけども。
インディペンデントな感じのするダウンロードサイトを巡って行くのも楽しいかもしれない。
けれども、こうなるとヴァイナル買いたくなるんだよな。こないだフライヤー配るために久々テクニークに行ってみたのだけど、やっぱりテンションが上がるし、フライヤー配るだけでも店員さんと音楽の話になったりするから、やっぱり面白いな、と。僕はヴァイナルでDJやろうとは思っていないですけどUSB付きのターンテーブルとか欲しいな、とか思ったりもしています。
あ、こういう事考えてたら「自分の曲の場合はどうしよう?」とかも考えましたよ。フリー配布を考えてみてもいいのかも。
あとはフライヤー制作のことなんかも考えていて、昔のクラブ関係者の文章を読んだりすると「フライヤーが手に入ります」というような表現があったりして「なるほどなあ」と思ったりも。オイラ遊びに行くことはあっても「フライヤーが手に入る」なんて考えた事無かったもんな。
自分がパーティーやる上で「画像ではなくフライヤー」を作るためにアーティストと絡むのも楽しいだろうな、と思いました。そのためにはまずパーティーの価値をソコソコ上げて行かなきゃならんと思うけど。コラボレーションってそこに至るまでのストーリーがとても大切だと思うし、そういうものがあれば上手くいくとも思っているので。まずは基本的にやる事、例えば音の出方とか選曲とかをしっかりやらなきゃな、と思っています。
今回は「ゆっくり突貫」な感じで、自分で作成したフライヤーを配布しようと思っています。
f:id:syunnakano:20160407020901j:image
一応テーマとか作為はあるのだけど。元はA4サイズのデータです。うむ。
暫くDJがない分、久しぶりに色々と遊びに出かけてみようかな?って思いました。
どっちかって言うとライブをやってた方だからパーティーやるってなると考えることが色々あって楽しいすね。ぜひ遊びに来てもらいたいっすね。

スポンサード

スポンサード

-音楽

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.