ビハインド・ザ・マスクのカバーをしてるんでござる

 

今日はYouTubeの投稿でもなく、iOS楽器の話題でもないのですが、シンプルに音楽についても書いたり、録音物を発表しようと思い立ちましてこういったコーナーを始めてみましたよ。

 

で、さっそく本題。

 

僕はiTunesなんかでオリジナルの音源なんかも販売してたりするのですが、結構カバーもやります。っていうかしょっちゅうやってます。っていうか毎日やってた事もありますw カバーをする事でいろんな事がわかったりするんですよね。これは音楽やってる人なら「そーだよねー」って同意してくれると思うのですがー。っていうか「発表するかしないか?」は置いといてコピーとかカバーとか普通にしますしね。ロックの黎明期なんかカヴァー沢山ありますし、まさに「紹介」の歴史だったりします。いや、僕なんかがこんなの書くのおこがましいんですけど。

そんな中でも不思議な経緯で(?)カヴァーされてる有名な国産テクノポップがあるんですが…

そーですね。もう言うまでもないんですがブログタイトル通りビハインド・ザ・マスクなんですけど。これって「国外でロックっぽい、ってすごいいっぱい言われた」って言う事で有名ですよね。クラプトンもやってますし。マイケルのも発表されたんですか?それは知らなかったのですが。

これはYouTubeをブラブラしているうちに見かけて、いつ削除されるかわかんないんですが(笑)作曲者本人である坂本龍一教授が「なんでこの曲がロックっぽいんだろう?」って解説しています。

この中でちらっと、カバーしたお二方のバージョンがチラッと出ますね。

この曲って、このお二人のみならず、いろんな人にリミックスもされているんですが、これもまた聴きごたえ満載だったりします。僕は単純にDJでかけたいんで原曲を最大限に尊重したFPMのリミックス(?)を重宝しているんですけどね(^-^) もうずいぶん前のものになりますがクラシックのクラシックかなあ?って思います。

 

僕もこの曲を2パターンカバーしてます。リミックスじゃなくてカバーですね。

コチラは結構がっつりやったヤツです。ずいぶん前のものなんですが今回の投稿にあたってちょっと手直ししてアップしなおしました。

どうでしょうか?なんとなーくケミカルブラザーズのスターギターに似てたりもしませんか?そして自分で言うのもなんですが「どの誰よりもロックっぽい」と自負しておりますw 僕の知っているせまーい範囲内では。

でもね。これ「一切合切スウィングしてない」んです。ド垂直の世界。リズムのあり方としてはオリジナルに近いのかもしれません。YouTube動画の解説どおりになってたらいいんですが。また、なんとな〜く思うところなんですが、これスウィングしてたら、後半ドタバターってならないような気がするんですよね。行進曲…とまではいかないですが後半マーチングバンドみたいなリズム隊になるのも、個人的にはイロイロやったカバー曲の中でも気に入っているものだったりします。

 

そしてもう一個。これはもっと前です。殆どアコギのオーバーダビングで出来てます。かなり適当にやってますがw ミニマルな曲であるだけにやり方次第でかなり雰囲気が変わってきますね。YouTubeでもトランペットとフルートのために編曲している人がいましたからねえ。

 

むかーし、現在の再々結成じゃなくて再結成のときかな?本が出たはずなんですが「非常にオーソドックスなコード進行。それでも飽きないミニマルな展開で気に入っている」という事が書かれていたように思います。何の本だったっけなあ…

なんかYMOの「ビデオCD」というかデータも所有してたんですけど。それだったかなあ… 今再生できませんwwww

ホントにどんなメディアに残しておくのが一番いいのかわかりませんね。

それでも音楽って残るもんだったりするんですよね。

 

…市場の売り場の紙袋になってたらしい某有名曲の楽譜、なんて伝説もあるみたいですけどw (ホントよく見つかりました…)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください