NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

サッカー

ゼロックスカップに行って来たでござるの巻

更新日:

◎勝利の都と歌えばいいのか?恋の都と歌えばいいのか?夢のパラダイスよ花のトーキョー

 

いよいよ、Jリーグのシーズンの始まりでございます。サイト内にカテゴリーがあるのでたまにはこういうの書きますよ!

当ブログ主はFC東京のサポーターでございます故、久々の試合観戦と言うか、もうゴール裏でバトルロワイヤル!立派な大人になりましょう!って事で子供がいる中で柏レイソルや審判相手に罵声を飛ばしてみたりなんだりしてきました。あ、でも今日は僕はそんなでもなかったです。

ともかく、いい天気で気温も比較的「おお!春!」っていう具合の中デッパツしたわけなんでございます。国立は客席は風が吹きますから寒いんですけどね。ぜひオリンピック呼んで、事業化して改装していただきたい。でもいいもんですよ。スタジアムへ行こう。

ゴール裏に行ったんですけど、バックスタンドはこんな風。試合開始ちょっと前ですかねー。

 

 

僕は「写真家」という人達をスゴいな、スゴい切り取り方するな、と思っているのですが、本人は写真を撮影するというのが昔からおっくうなタイプでして、写真をあまり撮影しません。

多分遺影もないでしょう。イエイ!ってカタカナで書いといてほしいくらいの感じですかね。パッと見イエスみたいですしね。スゴい忙しい人がお葬式にきたら「ええっ!?」ってなるかもしれません。プログレの方だったらどうしよう?っていう。随分先の話ですけど。まあ90年は先の事でしょうね、ええ、ええ。

多分Facebookにも向いてないです。犬や空の写真を撮影して、よくわかんない哲学的な文章つけて、わざわざ出勤前に「おはようございます!」とか言うのも、ひたすら面倒くさいくらいですし、それならブログでやりますから、今後は気持ちを改めて最近ちょっと流行った「いいね乞食」をガンガンやっていこうかな、と思うわけです。

空だのなんだのはやりませんが、鬼のように恐ろしい絵を描いてたりするんですがね…っていうか鬼を描いてみたりするんですけどね。ククク…キキキ…コココ。やるなら「いい写真」を撮影したいと思います。

 

と、著しく脱線したんですがずらーっと並んだフラッグを見て「あー開幕でござるー!」とテンションギューン!

 

仕方ないからビールとビールとカツサンドとカップヌードルをこの時点でやっつけてやりました。ついでにビール売りのおねーさんの太ももをやっつけてやろうかと思いましたけど、立派な大人なのでやめておきました。っていうかやっつけちゃいけません。せいぜい「やっちゅけちゃう」というか、新語なんですけど、そう言う感じで行きたいものです。

やっちゅけちゃうぞお!

 

◎試合はこんなだった(と思う)

僕はサッカーにスゴい詳しいわけではないんで、時系列とかで書かないですが、試合としてはFC東京サポとしては結構満足出来た試合内容だと思います。結果自体は2−1で負けちゃったわけなんですけど、なんでしょ?J1王者とJ2王者はまるで差がないですね。というかTwitterなんかのタイムラインを見ても皆さん「内容良かった、差がなかった、今季は楽しみ、審判買いかぶってた」という声でいっぱいでござる。

 

僕もそう思っているんですよね。前半立ち上がりは特に良かったと思う。

 

今季は後ろからじわりとビルドアップして行くチームではなくなりましたね。なんというか両サイドをワイドに使ってダイナミックに展開しようとする意図が非常によく見て取れました。諸刃ではありますが望むところ。

もうとにかく「まず前に行っちゃおうぜ!」的なノリ。最高ですね。両サイドバックも上がって行ったりします。で、とにかく高い位置に早めに持って行ってから組み立てようとするので、後ろに戻しても全体がもう押し上がってるんです。そこから分厚い攻撃が今後更に期待出来るなあ!と思いましたよ。

なので、舵取り役と、軸役の人がとっても大切になってくるのでしょう。あ、あと中盤の守備の粘り強さが増したように思いました。が…

 

◎しかし勝てんかったっす

サッカーって内容と結果と数値がまるっきり一致しない事が目一杯ある、極めて理不尽なスポーツで故アンディフグにすら嫌われてしまった競技なんですが、ほんとジョルジワグネルの一本。それだけで決まっちゃった感じがします。その後のジャッジも肝心のところでひどいなあ、ってもんでしたけど、ジョルジワグネルのシュート見て思いましたよ。

 

「もう、有無を言わさず、完全にゴール!こりゃゴール!特点ですよ!なんなんすか!(松木)」

 

これでいいんだな、と。というかこうでなくてはな、と。そう思うわけです。なんなんすか?と言われてみても「こんなんです」くらいの感じがいいなと。サポーターとしては立派な大人になりたいですから、審判や相手選手にとても子供には聞かせられない罵声をこれでもかと浴びせてみたい気持ちにもなったんですが、そんな事より時が惜しい…早いとこズドン!と決めちまいたい。

いい環境を作るのがサポの一つの役割なら、ちと力不足だったと思いますし、ここで罵声を浴びせてもダメだろうと、なんにもならんだろう、と。とても立派じゃない大人になってしまった次第。

逆に言うと、それだけ出来がよく見えた、ってことなんですけどね。これから期待出来る、っていうか。

 

あとやっぱりネルシーニョがよく言う「勝利の文化、勝者のメンタリティー」っていうのをシーズン前に見せつけられた気がして、刺激にもなりましたし、なんかよかったなあプレシーズンマッチとしては最高だ!賞金2000万だし!っていう。これも天皇杯かJ1を制しないと出来ない事なので、もしかしたらこの賞金もらたー!という事だけでも「ある程度の勝利の文化の定着」に役立ったのではないですかね?

 

あとは得点するだけです。

 

前半立ち上がりもよろしく、後半も失点無しで抑えて有無も言わさない特点をしましたが、結果的には前半の数発で逃げ切られてしまった。

あとは得点するだけなんです。なんでストライカーください。精度とかいうよりも…なんかこうストライクする感じのください。もう相手の魂を根こそぎかっさらうくらいのストライクください。今のチームでもできますよ!

 

それだけなんだと思います。現段階でも。そうすると諸刃の剣は、最高の切れ味を発揮してくる事でしょう。

 

◎イナゴしてきた(ゆめーじゃないー!あれもこれもー!)

今日のフードコートはあっちこっちのチームから出張して来ていて、色んなもんが屋台に出ていました。いい試合をしながら敗北したので、こりゃもうやけ食いしようか!(建前)って言う事でムッシャムッシャ、ズルズル、ズビズバー!してきました。パパヤパー!

どこのかわかんないんですけど、一枚岩チキンカツというのが物凄くウマそーでしたね。まず、かわいいサポのおねーさんが眼前に飛び込んできまして、持ってるもんがそれだったんで、食べに行こうとしたらこりゃ売り切れてました。Twitterでもひたすら「ウマー!」とのこと。

僕の一枚岩チキンカツというものへの幻想は膨らむ一方です。あそこら辺と一緒に膨らむ一方でした。どこのスタジアムで食べられるんでしょうか!?(見に行ったけど売り切れててガクー、だったので覚えてないのです)

あと、松本山雅の餃子ウマー!らしいので、是非頑張ってJ1までやって来てほしいですね。僕らは落っこちないようにしたいですし。

 

こんな時に写真撮影しておけばなあ、と思うんですけど、どういう風に撮影したらいいものか?多分胃カメラとかだったら面白いっていうか、やりすぎだと思うんですけどね。

 

とにかく今季はいけるっすよ!メルボルンブリストル

ブリスベンに行けないんですが、海外遠征も今年はしたいもの!今季はやりましょう!

 

P.S.

 

おなかいっぱいでぷー、てへぺろ

 

 

 

-サッカー

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.