今日は日記形式で思いつくままの音楽 – iPad楽器推奨委員会 –

今日はそこそこあったかかったですね。

って書く事自体なんていうか、ありがたいんですけど。あまりオレみたいなんがこういう事書いてもどうなんかな?と思ったんですけど、ちょっとお昼間に出かけたら「何とも言えない不思議な感覚になった」んですよね。

一年前の今日のこの時間はちょっとピリッとしてたけど、フツーに過ごしてたよなあ。あっという間になあ…まだ大変な人がいるし何にも片付いてねえしな。とか。

 

んー。正直、言葉見つからないので、あまり多くを書かないでおきます。書かないでおくっていうか、みつかんなくて。被災地を僕は見ていないので、何言っても自分の場合は軽いな、と。

 

なので刻んどきます。

 

◎今日は日記形式で思いつくままの音楽

最近はどうも「内面から何かを生み出す」みたいな事がちょっと難しくなってきている時期でして、外的なものから何かを受けてからでないと音楽作れなくなっちゃってる部分があってマズい何それマズい!ではあるんですけど、そもそもとっくに「内的なとこから出てくるのは非音楽的なもの」にシフトしちゃってるんで、もう響きとかにしかプライベートな感覚では興味ないので「いいんじゃないかな?」とは思っているんですけどね。

あ、聴くものはもうそれは何でも好きですよ!そこは今まで以上に変わってきたかなあ?と。耳は広がったと思います。

 

 

今日は非常に響きのキモチいいアプリケーションで即興演奏を録音してみましたよ。録音のやり方としては

●録音、回しっぱなし

iPadのみで即興でひたすら演奏

●ちょっとだけ切り貼り

 

でやってみたもんです。

なんか「短めでいいか!」ってやってたら編集前は10分超えてたので、ライブに呼んで下さいwwww

 

別段、今日の気分を表しているものでもないと思うんですが、聴きかえしてみても「もうちょっとなんとかしたら面白そうだな」とは思っています。

あと、アプリケーションの出す音に頼りすぎですかね。これも改善の余地がありそうです。あとはギターとかピアノ弾くとかね。この呼吸を読んで弾いたらだるまさんに目が描かれるのではないかと。そんな気もしますし、ボーカルが入ったら一発ですわね。

ただ、歌詞が最近書けなくなっちゃってんですよ(汗)「内的な事から出てくる事があんまない。出てくるのは響きだけ」そういう時期なんかもしれませんね。

 

◎そうだ、思いつきでやったのには理由があったでござる

お昼にここ見てたんです。

こどもの音楽再生基金

 

色んな趣旨があるそうなのですが、骨子は非常にシンプル。

子供たちのために楽器をどうにかしませんか?

 

という事だそうです。

 

僕自身「まずはある程度は楽器を演奏できなきゃダメだろう?それから変なとこに行くのはいいけれど…」と思っている頭の固い人なので(笑)まずは楽器を調達、修復できれば、と思います。このまま「もしかしたら開花していたかもしれない才能」が埋もれていくのだとしたら、実に惜しい。惜しすぎるのです。

 

で、「まずは普通に楽器を演奏できなければダメだろう?」という頭固い感じの僕なんですが、よく映画を見てると戦場とかでハーモニカ演奏する人って必ずいませんか?不思議なもんです。あの音ってギスギスしているココロをとても穏やかにしてくれる楽器なんですよね。これ、僕の実体験として本当にあったんです。戦場とかじゃないんですけどね。本当に心を落ち着かせてくれる楽器や音楽ってあるのです。

もうね、そういう時に感じる事って「癒し系」とかそんな軽い体験じゃないんです。すごく、なんていうか、衝撃的な体験ですらあるというか。なんと言ったらいいのか。

 

もしかしたらハーモニカでなくてもいいかもしれない。「そこそこ低電力で動くデバイスで手軽にやれるもんがあるなら?」でいいかもしれない。低電力ってのがミソなんですけども。

 

今日サウンドクラウドにアップした僕の楽曲は、正直難しい事を一切合切やっていません。それこそ無料のアプリケーションも使っています。

 

iPadとかiPhoneでなくてもいい。もしかしたらAndroidとかでもいいかもしれない。

 

モバイルデバイスでの電子音楽って言うのも、音楽に触れる1つのキッカケになり得ますから、なんとかなりませんかね?

 

と、ちょっと思ったんでした。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください