DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン 日常

好奇心から「調べてみたい」と思った言葉について。

投稿日:

以下は言葉狩りじゃないぞ!そういうこっちゃないから!単なる興味だから!単なる好奇心だから!

朝、起きてきてみたら父親がテレビを見ながらちょっぴり怒っていて、なんだろう?と思ったら「震災について、明日は我が身という言い方をしている。これはどうなんだ?」と。

なんでも「使い方として間違っているのでは?明日は我が身っていうのは戒めのために使われる言葉だ」との事。ちょっぴりご立腹の様子。ジジイめ。なんか機嫌でも悪いのか?くたびれてんのか?

オレとしては「お、おう・・・クレーマーの要素たっぷりやな」って思ったりしていたのだけれども、俺の親父はこういう言葉の使い方のニュアンスについては昔っから大切にするタイプの人間だったし、そういう事を大切にしてきたからフリーランスで長い事やれたんじゃねえかな?って思ったりしていた。まあ、親父のアレはほとんどツンデレだけどな。

そして、実は俺も同意見で「確かに使い方としては変なんじゃ?」と思ったりしている。今回の件では結構見かけるけど。

例えば俺だったら以下のように使われたらしっくりくると思う。

<用例>どっかの南北戦争・北軍の総司令であるワルダークミ将軍の言葉(空想)

「南部線戦でホイサッサー将軍が流れ弾に当たって戦死したか・・・明日はわが身よな・・・」

こんな感じ。

 

何となくわかってもらえるだろうか?

 

そもそも「明日は我が身」っていうのは「今日は人の上、明日はわが身」っていうコトワザ?から一部引用されている言葉。

意味合いとしては「他人事だと思ってた悪い事は自分の身にも起こる事なんだよ?」っていう感じ。うん。使い方としては間違ってないように思う。

とはいえ、なんか「人の上」って思えないところがある。いや、なんかマジで。確かに必要以上の自粛をしたり、必要以上に元気をなくさないように、自分の事をそっちのけにしないようにしたいと思ってはいるんだけど、なんだか「人の上」って思えないところがあるんすけど、これ、どっかおかしいですかね?

というわけで、大変に気になったので・・・

「今日は人の上。明日はわが身」っていうのがどこから出てきた言葉なのか調べる事にしてみました。

い、意外とこれについてはググっても出てこないもんなんだな・・・意味しか出てこない。ニュアンスが全く出てこない。

ここを見てたら、こんな風に書いてありましたよ。

類義 浮世は回り持ち/今日は人の上、明日は我が身の上/人の上に吹く風は我が身に当たる/人の事は我の事

 

浮世は持ち回り、とか全然ニュアンスが違ってくるんだな・・・

どうだろう?「明日は我が身」ってどんなニュアンスで使うとしっくりバッチリハマる言葉なんだろう?そこら辺、気にしなくて良い事なんだろうか?

すんごいどうでも良い話なんですが、単なる好奇心から今日のブログを書いてみる事にしました。

ところで今日からPUSHで曲作ろうと思う。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン, 日常

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.