BTE Vol.21は6月14日(金)19:30から開催ケテーイ!

GlitchBreaksシリーズ!iKaossilator編

GlitchBreaksシリーズ!iKaossilator編

GlitchBreaksシリーズをはじめてみますよ!

とかなんとか言いながら集中的にやる感じでもなさそうで、色んな楽器アプリを紹介していく事には変わりないと思うんです。けれどもこのアプリはちょっと骨までおしゃぶりしちゃおうと。しゃぶり倒されようと。しゃぶり倒されたいと。

と言うわけで極めてありきたりなんですが、iKaossilatorで素材を作っていきましたよ!

オイラックスwww 今後は色んなオブジェを置いていこうと思うんですけどね。ええ。おっぱいマウスパッドは破棄してしまったしなあ…

 

GlitchBreaks
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥450

 

KORG iKaossilator
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥850

 

どういうわけかiKaossilatorでループを作ると読み込みづらい!

なんですよ、奥さん。実はMoDrumなんかでも試してみたんですが、そっちはすんなり拍を読み込んでくれたんですけどね。どうもウマくいかない事があるんですよね。キチンと小節数を合せてもどういうわけかウマくいかん事が結構あるんですが…この動画のように「別もんになるが、なんとかなる」のは確かです。

とはいえ。

このGlitchBreaksを使っておんなじ質感のまんまで再生させたいと思いますかね?思いませんよね。それだったら他のものでいいんです。

これって、とどのつまりがビートールーパー的なエフェクターでしかないのですが、エフェクターに「ループ再生のデッキを演奏するように切り替えられるという発想」をくっつけてやっただけでこんなに面白くなるんですよね。面白いもんですね。しかもタッチパネル。結局アコースティックな楽器が一生もんになるのと同じ事かもしれなくて「特化してみたら面白い」わけですねえ。

何でも出来た方がきっと得でしょう。でも、特化してみるというのも面白いものですよ。

iPhone楽器の殆どが「特化する」という方向に向いていますからね。1つのデバイスで色んなものに特化したものに早変わりさせる事ができるというか。そこが面白いところだと何べんでもお伝えしたいところ。

それらをひとまとめにする何か。それが出てくるとホントに楽しそうなんですけどね。出るらしいですけど。

iOS楽器アプリカテゴリの最新記事