Spotifyフォローをお願いします!

ガレバンがアップデートされたのでSmart Stringsで遊んでみたよ

ガレバンがアップデートされたのでSmart Stringsで遊んでみたよ

朝起きてみたら、とてもよいお天気なので、カーテン閉め切った部屋に閉じこもってiPadでアップデートされたって言うガレバンを弄ってみました!wwwww

なんかアップデートするときの説明で「スマートストリングスで完璧な弦楽隊を指揮できますよ」っていうことだったんで、やってみようと思ったのですが変化に気づきませんでした。そしてダウンロードがとんでもなく重かったですw

なので、面倒なので自作でサラッとテキトーな弦楽の曲で短いのをやってみましたよ。

ふむー。和声の感じとかあんまり面白くないのと、ちょっとおかしな部分があるのとあるんですが、音はやっぱりいいですよね。

 

個人的に思うガレバンのもったいないところ

ガレバンって「曲をパーツごとに作れる」構造になってるんですが、この大きさのデバイスだったら大正解の選択ですよね。昔ヤマハがQYシリーズ出した時はそりゃもうお世話になったもので、このやり方は個人的には「そこそこ身にしみすぎちゃって困っているwところ」だったりもします。が、正解だと思います。

ただガレバンは非常にもったいない点が…

音色の制限がありすぎるんですよね。必要最小限すぎるんです。なのでオーディオコピペしてくる形になるのですが…

もうちょっとだけトラックと音色増やしてくれないかなー。同じストリングスでももうひとつ欲しい。

でも、この「必要最小限」な感じが手頃で丁度いいのかもしれません。

 

そしてガレバンのいいところ

今回の曲はめんどくさかったのでwキーボードつながなかったです。クオンタイズもゆるいもんです。音符をひとつしか修正してない。

それでもそこそこ音楽になってしまうのは…

各楽器にスケールの割当ができるからなんですよね。なので、かなりテキトーにペチペチやっても、ある程度音楽の仕組みを理解すると破綻しづらいんですよね。僕の場合は大抵一番下のパートから決定して雰囲気を作っちゃうんですけども。あるいはリフっぽいもの。テクノとかロックですよね(苦笑)。もうちょっとメロディーからいきたいもんです。

なので、さらっと書いてしまいたい時にはかなりお役立ちツールだとおもいます。

僕なんか音楽の教育をキチンと受けていないですからこんな程度ですが、教育を受けた人だったらビックリするようなのサラッとやっちゃうでしょうねえ。音色の制限がありすぎる感じですけど、十分かもしれません。音は非常にいいですからね。

というようにここでもiOSの理念が活きています。

「用途によって姿形を一変できる」

この場合は音楽の話ってことだとスケールに特化、ってとこなんですけども。

というわけでとてもいいお天気なので、出かけてきまっす!

GarageBand
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥450

iOS楽器アプリカテゴリの最新記事