NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

iOS楽器アプリ

テノリオン動画まとめするですの巻

更新日:

Auriaが出ないんでブログ更新が滞って仕方ありませんw

という事もないんで、こないだやり始めたまとめ記事を書いていこうかなーって思います。

今回のお題はテノリオンでござる。

 

僕はテノリオンとの付き合いは結構長い方でサンレコで紹介されてすぐに購入を決意したです。貯金を切り崩してまで購入しようと。発表当時は海外での販売がメインで日本では抽選制だったんですね。限定で販売という形をとってました。

抽選に申し込めども申し込めどもダメなんでw イギリスからとりよせちゃいました。アホですね。でもそういうもんなんです。コントローラーとして使っても面白いしーって思ってたんですよね。

ライブなんかでも使いましたよ。おそらく「日本初のテノリオンユニットではないか?」といわれてたOMAさんと一緒に打ち合わせなしのセッションした事もありますねー。mitoさんの使い方も結構参考にさせていただいたり。

単独ではこんな事したりしてました。短すぎる動画ですけど。

すいません。5秒くらいの動画ですね。これオトダスト3っていうイベントだったんですけど、当時ブログとかでライブをレヴューしてくれた方もいらっしゃって「あのテノリオンの中で何が起こってるかサッパリ理解できない」というありがたい感想を見かけた事がありますですが…

実はこれテノリオンからはあんまり音出してないんです。ableton LIVEのコントローラーにしたんですよね。だから内部であんまりなんにも起こってないですw

テノリオンって「気がついたら全部ライヒみたい」になっちゃう楽器でして、ある意味では演奏法の確立された楽器とも言えます。ですがライブでやるとそれがだんだん面倒になってきてましたねー。「テノリオンの人」みたいになっちゃうのはあまりいい気分ではなかった。

なのでイロイロ工夫してたと思います。端子を抜き差ししてノイズを発生させるとか。

あとこの動画のライブでは「この際すげえ前衛的な事したろう」と思って夏目漱石の朗読を乗せてあります。ライブを開始してみたらちゃんとシンクさせるのを忘れてしまって、気がついたら「やべえw どっちかが変なんなったらライブがまるで成立しなくなるwww」みたいな状態でヒヤヒヤしながら暴れ回ってたんですが何とか最後まで行ったのを覚えてます。

 

と、ここまでの文章ではテノリオンに対して「無個性、楽器に対して否定的」な文面になってますね。

ですが演奏法が確立されている特徴的な音色を持つ楽器ではあるが、ちゃんとやればオリジナリティは出ますよ。なんとなくで演奏したらダメなんですけどね。開封してすぐに作った音源が一番オリジナルな感じだったのも覚えてます。その動画が残ってないのが残念無念。

なんとなく演奏した実機の動画としてはこんなんがあります。これは何も考えずに「なんとなく」でやりましたから音楽としてはやっぱりあまり面白くないかもしれない。

 

 

…で、iOSアプリとして出やがった時はビックリしましたねえ。

 

ビジュアル的な側面は実機にはかなわないんですが、楽器としては完全に実機を超えてました。完全コピーしつつ実機を上回ったなあという印象が非常に強かったです。操作系統がすごく良くなったんですよね。

TNR-i App

カテゴリ: ミュージック

価格: ¥1,700

というわけで、幾つか動画を張り付けてみますかね。

 

うむー。最後の動画なんですけど、このアップデートでついた機能はデカかったです。操作系統のみならず、完全に実機を超えたと思ったものです。こういうアプリこそiOSデバイスの強みを最大限に活かしていると思いますよ。バージョンアップしたら機能は幾らでも拡張できるし、アプリをインストールすればハードウェアが何にでも変化するっていう思想がバリバリに効いてくる。

実は現行のバージョンになってからTNR-iをまるで触ってないんですよ。なんかレコーダーみたいなのがついたとか?久しぶりに触ってみようかなーって思いますが…

アプリでは以下の動画のような事が出来なかったりします。

こういう光の具合だけは実機でないとできないですよね。

音楽的には全く同じかそれ以上の事がアプリケーションでできますから、なかなか悩ましいところです。こういった悩ましさはずーっと課題になっていくんでしょうねー。

とは言ってもタッチパネルだってハードウェアですから今後はどんな風になるか解んないですけど。

と、今日はこんなところですかね。

TNR-i App

カテゴリ: ミュージック

価格: ¥1,700

-iOS楽器アプリ

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.