DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ガジェット楽器

MASCHINEを導入した。すげえ面白いww

更新日:

iPhoneアプリでiMASCHINEをいじってたら「なんかおもろいなあ」って思ってググったら丁度キャンペーン中だったのでMASCHINEを導入してみました。とても今更なのですが、ここで改めて新規に導入したユーザの感想を書いておこうと思います。

iMACHINEとは別もんだったりしますが…

導入したらトラックメイキングが一気に楽になりましたし、久しぶりにビートを組むというのが楽しくてしょうがなくなりました。フィジカルにきますからねえ。

これは自分の動画ではないですけど、多分一番解りやすいかな?と。あとスキンも用意して個性的なルックスになってますね。そして動画の作りも良いですね。今となってはクリック音だけでグっと来ますwww

解りやすいと思いますが、どんだけMPCなんだ?とwwww 

 

ただ、これがサンプルの管理とかシーケンスの管理画面をラップトップなどで見られたらどうですかね?って言うところが非常に大きいと思いますよ。

それなのに「ラップトップの機能はむしろ、なんかそれオマケ」っていう感覚になる設計思想が本当に素晴らしいと思いました。

 

そしてサンプルの管理以上にコンピューターベースならではの良さがあります。

 

僕もMPCの安いものはいじってた時期があるんですが「これで他の音源をコントロールしたい」とかなると面倒。

MACHINEはコンピューターベースなので、プラグイン音源をここから色々コントロールできちゃいます。殆どオールインワンというカンジですかねえ。しかも、キャンペーンしてるからなのかなんなのか、オマケのディスクがついてきて、NIのエフェクターとか音源とかが色々ついてきました(汗)39000円くらいのパッケージでリアクターの機能制限版みたいなのが入ってるもんだから感激してしまいましたよ。

なのでいきなりオールインワンな感じを味わえるパッケージになってるのではないかな?と。

マクロの方も考えたんですけど、ツマミが沢山ないとライブは難しいと思ったので初代の方を導入しました。正解だったなーと思います。大抵の事はラップトップの操作しないでもできますし。

気になるサイズと重量ですが…

サイズがありますが意外にも軽いです。ビックリしました。ある程度のリュックなら入っちゃうし軽いです。普段はスネアスタンドに設置して使ってるくらいですし。

これであとはMTRが内蔵されれば完璧ですねー。

普段書いているiOS楽器やガジェット楽器ほどの気軽さはないですけど、お勧めしたいです。フツーに2011年モデルのMacBook Airで動きますんで。

でもオーナになってみたらあんまりこれ以上導入しないでほしい気もしてますw

iMaschine

 

カテゴリ: ミュージック

価格: ¥450

-ガジェット楽器

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.