DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

未分類

jamendでライセンスの売り上げがあったという話

投稿日:

久しぶりにjamendのトランザクションを見てみたら先月の終わり頃に1曲売り上げがあった模様。

jamendって基本的にはクリエイティブ・コモンズの楽曲を配布するサービスなんですが、僕の場合「商用はダメー!改変もダメー!」っていう具合で配布しているので、本当に使用したい人はライセンス購入をしてくれたりするのです。今回はUSのボートとかサーフ系の会社が買ってくれたみたい。
クリエイティブ・コモンズって紳士協定みたいなもんだから、悪用するやつもいるんですね。だから、今はjamendでの配布はやってないんです。規約を守ってもらっても結局クレジットしてくれてないケースもままあるので。(というかクリエイティブ・コモンズの場合はクレジットしなかったら規約違反なんですけども)
こういったことで、なかなか理解されないのが「ライセンスを販売してるんだよ」というところ。
曲ではなくてライセンスを販売してるんだよ、と。コレがどうも理解されないケースがままあるんですよね。そこら辺に敏感な人には、気持ちよくお支払いしてもらえたりするんですが。
あとはCC0という「あらゆる著作権を放棄しまーす」っていう概念について。アレコレ話し合われてるみたいなんですが、コレをどうやって活用したらいいのか見えないところありますよね。
例えば一曲買取にしてもらって、好きに使ってもらったとしても、曲自体に著作権というのが存在しないので「公開されたものはコピーされる時代」においてはブランディングにもなんないと思うし。多分著作権法の考え方が国ごとに違うから必要になったりするのだろうけれども。なんなんだろね、これ(笑)。
そんなこんなで結局BGMについては国内の会社メインでやる事にしてますが、コチラも最近はあまり何もしてない。たまに使用料が入るくらいだけどjamendよりはいいかな?
DJ用のツールレコードについては権利云々ではなくてたくさん作りたいと思います。
面白いもんで「誰かにかけてもらうことを想定した音楽」ってを作るの楽しいんだよな。

スポンサード

スポンサード

-未分類

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.