DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン 日常

ちゃんと自由であるために考えたい事

投稿日:

デザインフェスタで展示物が発火して子供が一人亡くなったのだとか・・・

木の香りがしたり、ぽうっと明るかったりして気持ちのいい空間だったのでしょう。非常に残念に思っています。いきなり火に包まれるとか想像つかない・・・・本当に痛ましいと思います。

僕も、作る音楽は現代美術ってほどではないんですけど、そういうものに接近しがちな曲を作るから、いわゆる現代美術的な世界観というものはすごく好きだし(それが気持ちいいかどうか?が大切なんですけど)インスタレーションとかすごく好きなんです。

今回の件を受けて作家の人はどう考えるのかな?って思いました。

そういう目でSNSを見ていると「同じく現代アートの人でも、考え方がまるで逆の人々がいる」って思いました。完全にリトマス試験紙案件になってしまったので、見てみると面白いと思います。

今回の事故によって考えられる懸念は以下。

  • アイデアに金を出すっていう考え方が輪をかけて軽んじられる
  • 展示が窮屈になる
  • 出資者が減る

というところだろうか?

困りましたな・・・

困っちゃうんだけど「作家には作品が全て。スタッフがなぜ止めなかったのか?」と考える人とか「作家は色んなことを知っておかなければならない」とか、色んな考え方の表現者がいるもんだから「当面は厳しくせざるを得ない状態になるのだろう」という風に予想しています。「こんなの上から鍋が落ちてきてあぶねえだろ!」みたいな。

なんでもかんでも自粛案件になっちゃうんでしょう・・・

僕なんかも下手すりゃ人の聴力をふっ飛ばしかねない表現をするわけですから、身につまされました。やはりある程度のことは知っておいた方が有利なんだろうなあ。

そして、その他の表現でも「これは人を傷つける」みたいな風潮がさらに高まるかもしれないので、あらゆる表現者で考えていかないといけない事なのかもしれません。

というわけで今日はこういう曲を作りました。

soundcloud.com

来週にはあちこちでリリースになり始めると思いますー。

表現がなるべく自由であるように。自由というのは自らを律する事でもあるだろうし・・・んー。

亡くなった方には謹んでご冥福御祈り致します。

 

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン, 日常

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.