NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

iTMSで曲を売ってみたら5人しか買ってないけどジャンルでランクインしたと言うお話、の巻

更新日:

こんばんわ!オレです!ご機嫌いかがですか?

今日は早速宣伝からなんですが、先日のブログで紹介したアグリゲーター(?)さんで音源をリリースしてみました。

早速なんですが、エレクトロニック部門でチャートインしたようで167位のところを確認しました。

ま、このチャートについては色々と書こうと思っているので、早速本題にいこうと思いますよー。

実は先月実験的にリリースしてみた曲は5人しか買ってくれてなかった

実は先月もこういうトラックをリリースしてるんです。一応画像にリンクはってます。

これもねえ、なんだかんだでiTunesのエレクトロニック部門でだいたい170位くらいのところまではチャートに入ったんですよね。ホントに買ってくださった方には感謝を申し上げたい。5人なので一人一人にお礼が言えそうな気がしますよ。

というように、5人でも買ったら、一時的にチャートに入っちゃうんです。多分よそのダウンロードストアなんかも日本語圏内のところだったら、だいたいそんなもんだと思います。あ、着メロだけは別なんじゃないかな?

アプリはそこそこウマい事行ってるんだけど、音楽の方ではiTMSは世界でも唯一成功していない市場くらい言われちゃってたりするようです。着メロ以外の他のところも…どうなのかなあ?

この数字にはやはりガッカリしているが「こんなもん」とも思ってる

でもまだ9日間の売れ行きですけどね。

でもそのあとチャートインしたのを確認したりしなかったので、売れてないと思う(苦笑)オリコンとかにもチョコンと乗っかるんでしょうから、調べてみりゃすぐにわかる事のような気もします。

でもね、それでも良くなった方なんですよ、これ。

ライブとかちゃんとやってないのに、5人ほどに買ってもらえるって言うのは結構な事かもしれませんよ。

まず間違いなく買ってくれた人はソーシャルネットワークでやり取りさせていただいている方々ですね。会った事がない人が殆どなんですが「ぶっちゃけ、それでもその人たちが見えます。顔が見えるんです」

僕がSNSで関わらせていただいている方々の0.5%くらいになるのかな?5人っていう数字を味気ない感じで換算したらそんな感じなんですが、アクションを起こしていただける割合としてはいい方なのかもしれません。

ただなー「最初にかかる費用くらいは回収出来たろ!」と思ったんですけど、それの半分にも行ってないですからね。それだけが本当に悔しい。それくらいは回収したかった。単純に回収したかった。本当に悔しい。ミクロな話ですが、コレでは音楽なんかやれるわけがないじゃないですか。やるけど。

トレントレズナーですらも「案外買ってくれない」なんてぼやいてましたが、気持ちの上では僕らも土俵は同じですね。

ほんと、そんなもんです。

顔が見えるって言う点ではAKBとかの握手会ってのはようできてるなあ、と思ったりも

「顔が見える」っていう気分はやっぱりモチベーションのひとつになったりもするものです。「100万枚売ると決めたら100万枚売る事の出来る才能を持つ」小室哲哉さんだって以下のような事を言っていた事がありますよ。

「ミリオンを狙うって言っても結局は身近な誰か1人に向けてやってたりする」

だって。

まあ前述の「握手会」を身近な誰かのためにやる事は出来ないでしょうけれど、1人1人と短い間でもコンタクトをとるわけですからね。顔を覚えちゃうって事もやっぱりあるんじゃないでしょうか?

で、ライブパフォーマンスをするでしょう?

こういう事は見習っていい事なのかもしれないな、って。思ったりもしました。

もちろん、全部に応えてたら僕だったらおかしくなっちゃいますけど。ぼんやりとしたストライクゾーンみたいなもんが見えてるんじゃないかな?って思いますねえ。なんか、その時点で「すげえな、オレらと違うな」と思うようになりました。

ということなので、オレは個人活動としてDJに比重を置きたいな、って思っています

これまでは、なんていうかな…割と失礼なんですけど「のんびりDJ」って感じでやってました。楽しけりゃいいじゃん、と。音とか良くなかったら楽しくはないんですが、まあ、楽しいです。

でもねー、やっぱり踊らせたいわけですよ。

きちんとDJやる環境に飛び込んでみようかな?って思っています。だって結局のところ「まずはライブとかDJをやんなきゃ、どうにもなんないのはわかってた事」ですから。

そういうわけなんで音源買わなきゃ!そして自分も音源は出していかなきゃ!こんなんで諦めたりとか、しょぼくれているには人生なんか短いでしょうから。しぶとくやって諦めませんよ!

そして暫くは売り上げとか気にしないでいいので、昨日のブログの定額制のところで販売活動する事にします!狙いはSpotifyとか、いずれやってくるであろうiRadio。もうインディペンデントでやるなら、こっちの方も狙うべきでしょう!ここら辺は思うところがあるので、また明日書きます!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.