NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

今日必死こいてつぶやいた事

昨日必死こいてつぶやいてた事φ(・ε・`。)・゚・。 2013-06-10

投稿日:

  • こんな荒っぽい音だったんだっけ。 15:01:20
  • イキナリ金髪と言うか白髪に近い感じにしてモミアゲにゅーん!とかしたら面白いかなあww 15:02:00
  • ヘンな転調するしwwww 15:02:44
  • あ、昔の方のやつです。 15:02:57
  • しゃっららららららら〜♪(振り付けを覚える 15:05:52
  • DNSサーバーが変更されたようだけれど、これホントにすぐ元に戻るんか?www 15:58:36
  • 更新出来ないとマイッチングなので数時間ほど待ってみよう。 15:59:58
  • むー。なかなか難しいものだな。いっぺん完全にキャッシュしてくれたりしないもんかなあ。それからDNS変更が出来ればなあ。 16:25:21
  • そもそもなぜかサブドメインでやってるので、使用出来ないのがCloudFlareなのだとか(;;) 16:38:52
  • 回復を待つしか(;;) 16:40:23
  • 仕方ないので、少しづつ、にほんむかしばなしを書きます。 16:41:46
  • 「前回までのあらすじ」

    むかしむかし、あるところにジーさんとばーさんが住んでて家事をやってたら、女の子が川から流れてきました(雑) 16:46:57

  • ひとつ積んでは親のためーとかじゃなくて「今日、人類がはじめてー」って言ってたみたいでした。おじいさんも少し耳が遠くなったのでしょうか?おじいさんはそそくさと竹筒を削って耳かきを作りはじめました。 16:47:32
  • 「おーい!じいさん!そっちじゃないー!」と言われちゃいました。そりゃそうだと思います。(前回分ここまで) 16:48:01
  • おじいさんは「これはしもうた」と思い、おそるおそる光る竹筒にもういっぺん近づいていきました。 16:48:51
  • そっと覗き込んでみると、やっぱり「玉のドラムの人のような女の子」でした。 16:49:35
  • 「おっと玉じゃない。たま、じゃわい」おじいさんは自分のそそっかしさに苦笑いしました。 16:50:08
  • 「たまのドラムのような女の子」とはいってもやってる事がそういう風な感じなだけで、とても可愛らしい女の子でした。書いてる人の迷走ぶりが顕著になってきましたが、もともとそういう企画なので、おじいさんは書いてる人に向かうように天につばを吐いてみました。 16:51:58
  • 天につばを吐いてみたところで、何かが起こるわけでもなく、おじいさんのつばきはみるみる地面に積もっていきました。 16:53:21
  • ゴゴゴゴゴゴ…するとどうでしょう。あまりの重さにそこら辺の地盤がみるみる沈下していくではありませんか。 16:54:48
  • おじいさんは「自然に敵する行為」を恥じましたが「バキャリャリャー!」とかスゴい音がして、そこら辺の地面一体ごと川に流されてしまいました。 16:56:24
  • 「うひゃほー!」おじいさんと竹筒から出てきた女の子は一緒に川に流されてしまいました。 16:57:12
  • 「おじいさん。これをカッパの河流れというのよ」

    おじいさんは「ハッ」としました。ビックリです。もう女の子はしゃべったりできるようなのでした。 16:58:35

  • 「カッパの河流れとは言ってもわしゃー、おまわりさんしかやった事がないしのう。ワールドカップ予選の時にはMCっぽい事もやったんだけどね」

    なんでだかおじいさんは楽しそうでした。 17:00:35

  • そんな風に地面ごと河で流れている間に、少しづつ、おじいさんと女の子は話をしはじめました。 17:05:49
  • 「ときにジジイ?ここはなんていうところなの?」女の子はおじいさんに向かって訪ねました。 17:07:03
  • 「ここかい。ここは日本アルプスの離れ小島。タトゥーイーンじゃよ」おじいさんは答えました。 17:08:12
  • おじいさんはタトゥーイーンのいいところを、沢山女の子に教えてあげたのでした。裏山にはお酒の湧き出る滝があるとか、巨大なカエルのオバケみたいな地主がいるとか、随分前には光る剣を持って暴れ回る騎士がいたとか、その時の戦乱の時にはおまわりさんとして自警をしたとか。 17:11:57
  • 戦乱が楽しいかどうかはとりあえずおいといて、そういう楽しい楽しい事を沢山女の子に教えてあげたのです。おばあさんとの馴れ初めなんかも勢い余って話したりしました。

    女の子はとても興味深そうにおじいさんの話を聞いていました。 17:13:13

  • 「そっかー。わたしもそのタトゥーイーンに言ってみたいわ」女の子は心の底からそんな風に言いました。 17:14:03
  • おじいさんはそれを聞きとても嬉しくなって、この迷子になってるっぽい女の子を、タトゥーイーンの自宅にまずは連れていってあげようと思ったのです。 17:15:24
  • 「しかし、まずはこの事態をなんとかしないといかんよね」おじいさんは言いました。そうです。ここは流れる河の上。まずは陸地にたどり着かなければなりません。 17:17:13
  • ブログを更新しやがりましたよ: 昨日必死こいてつぶやいてた事φ(・ε・`。)・゚・。 2013-06-09 http://t.co/4vmegNVbJK 17:18:23
  • 「そーだ。この川沿いに海に向かったら、そのうち港町にたどりつけるはずだよね」おじいさんは言いました。 17:18:30
  • 「そーだ。わしゃ、まだ若い頃にいっぺん行った事あるよ。ジブラルタル港っていう港町でね。てつのよろいとかそういうのを買ったもんだよ。まずはそこまで行ってみるかね」おじいさんは言いました。 17:24:18
  • おじいさんは言い終わったところで「ハッ」となりました。じーさんばっかりしゃべっていて、女の子のキャラがまだあんま見えないのです。 17:25:14
  • 「なあ、女の子さんや。君のお名前なんてーの?」おじいさんは女の子に訪ねてみました。できるだけ面白い顔をして訪ねてみました。 17:26:53
  • おじいさんの変顔が面白いって言うよりかは、なんか気の毒なレベルだったので、女の子はありったけの笑顔を振り絞ってこう答えました。 17:31:19
  • 「あたし、他の事は全然覚えていないけれど、名前だけは覚えているわ。あたしハイジっていうの」女の子は答えました。 17:32:54
  • ハイジwwwwwwwwwジジイは自分で人の名前を聞いておいて盛大に笑い転げました。 17:33:20
  • 「ハイジwwwww君はハイジっていうのかwwwwwwwわしゃ伊藤って言うんだけどwwwwwwww親御さんはおらんのかえ?wwwwwwwwww」 17:34:49
  • 「いねーよ!ジジイ!人の名前聴いといて笑うなジジイ!!!」女の子は真っ赤になって怒りました。 17:35:51
  • 「wwwwwwwww怒るなってwwwwwwwまあ落ち着けよwwwwwwwwハイジwwwwwwwwハイジってwwwwwwww」

    ジジイがあんまり笑うもんだから、女の子は怒ってジジイに背を向けて座り込んでしまいました。 17:37:15

  • ジジイは「おや?」と気がつきました。女の子はこんな短時間で体育座りが出来るほどに成長していたのです。さっきまで竹筒に入っていたのに。 17:40:50
  • ジジイは「こんなに若いのに苦労してきたんだのう」と思い、急にハイジの事が気の毒になってきました。 17:41:59
  • 「ハイジやwwwwwwwwハイジwwwwwww笑ってすまんかったのうwwwwwww辛い思いをしたんじゃのう」ジジイは言いました。 17:43:01
  • 「ジジイ!笑ってるじゃねーか!まだ笑ってるじゃん!なにそれ!笑ってるじゃん!笑うなバカ!wwwwwwwwwwwwww」 17:43:40
  • あんまりにも唐突なんですが、人間どこら辺で笑いのスイッチが入るかなんてわかんないもんです。どうやら書いてるうちに2人は打ち解けてきたようでした。 17:45:00
  • 「なあ、ハイジさんや。きみには親御さんはいないって言ってたじゃんか?親御さんのところに帰りたいだろ?親御さんの事は思い出せないのかえ?」ジジイは言いました。 17:46:32
  • 「両親の事は思い出せないんだよね。気がついたら竹筒の中にいたもので。わかってるのは名前だけなんだ」ハイジはいいました。 17:47:47
  • 「よっさー。ジジイわかった!ジジイ、アンダースタンした!そしたらお前さんが親御さんに会える時まではワシがお前さんの親代わりになってやるけどどうかね?」ジジイは言いました。 17:49:09
  • 「わかったよジジイー。こうなったら暫く世話になってやるよー。よろしくお願いします」猛烈な唐突感ですがハイジはそう答えました。 17:50:16
  • 「よっしゃ。オッケーじゃハイジ。それではまずはジブラルタルまで向かうとしようじゃないか」ジジイは言いました。 17:51:15
  • 「ばーさんにも会わせたいからねえ」ジジイはそうも言いました。 17:51:39
  • こうして、ハイジにはタトゥーイーンでの父親、まだ見ぬ母親が出来たのです。 17:52:55
  • 「おまえさー!そういうわけだから暫くの間は伊藤ハイジな!よろしく」ジジイは言いました。 17:53:29
  • こうして後の天才ギャンブラー、伊藤ハイジは生まれました。

    こうしてジジイとハイジは川を下ってジブラルタルまで向かう事になりました。 17:55:15

  • えーと、とりあえず続く。我ながらヒドい。タバコ買ってこよう=͟͟͞͞⊂(⊂ ‘ω’) 17:55:55
  • こういうの歌詞にまとまんないかな。 18:10:26
  • そ、そしてブログ復活したよー(;;)ビクビクしたよー。 18:11:09
  • ちなみにストーリーを作る人としては、漫☆画太郎先生に憧れています。 18:14:39
  • でも、お話とかあんまり書いた事がありません。 18:15:19
  • プラグインとかをイロイロしたので、これでもソコソコ高速化は出来たっぽいかな。もう少し時間が経過してくるとまだ早くなるのかな? 18:23:28
  • よく食べたでござるー 19:10:14
  • 今日は結構快調でござるよー 21:29:48
  • よしゃ。できたっぽいぞ 22:53:29
  • ジブリダブステップやってみますた。ジブリハウスとかあるでそ?まだリミッ... http://t.co/YrK3aa9JvJ 23:28:49
  • .@nakanosyun さんの @YouTube 動画を高く評価しました: http://t.co/YrK3aa9JvJ ジブリダブステップ 23:29:07
  • ジブリハウスとかあるのでジブリダブステップやってみますた。リミッターとかかけてないので音は小さめ。

    http://t.co/sv1ZocxLOk 23:29:16

  • ということはトンプーでもやれそうでござる。 23:33:12
  • ではいったん。

    =͟͟͞͞⊂(⊂ ‘ω’) ♨ 23:36:56

  • \\\\(•́ω•̀)////

       ♨ 00:11:20

  • ブログを更新しやがりましたよ: トトロの「風の通り道」をカバーしてみたよ!の巻 http://t.co/LKLcynoNM5 01:14:17
  • おお、眠いぞこりゃ。珍しい 01:33:35
  • 今日は有意義だった。

    ではおやすみー。おつかれー。また明日ねー。 01:34:20

  • 『2013年06月09日のつぶやき』まいにちまいにち鉄板。マジでガチでテッ…|http://t.co/sYfA5C6KcX 02:46:53
  • おはよーございますー 08:47:17
  • 【定期】ストリングスとパッド系のダブステップっす。ブロステップか。iTMSではエレクトロニック部門で163位くらいになったりしました。試聴プリーズです。

    https://t.co/UyG7p5W1vP 09:58:58

-今日必死こいてつぶやいた事

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.