NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

アイデアが出ない時にする事って何がいいかな?の巻

投稿日:

こんばんわ!オレです!ご機嫌いかがですか?

最近この日記に動画とか音素材を貼付けたりしてないような気がするんですが、音楽はコツコツ作っていたりしています。ホント物凄い地味な作業だったりします。ギターとかマイクとか使うんだったらね、それだけでちょっとカッコいいですが、近頃は完全にラップトップの前でゆらゆらしながらトラックとにらめっこですからね。スゴい地味です。そのくせ物凄いハデな音を出そうとしているのだから大変ですねー。

そんなわけで、ちょっと疲労回復のためにチルとかテックな感じの方のダブステップを聴いて心安らかにしていたんですけれども、気持ちいいなあ。むー。

そしてダブステップとかじゃないんですけど、この動画も見てみたりね。

この人の音楽をなんて表現したらいいんかな?ってところもあると思うんですが、こういうのってストイック枠なんですかね?僕はスゴーく派手な音だったり、ビコビコのビキバキ!で激しい音楽が、好きなんですよ。

でも、この動画見てると「自分ってストイック枠かな?」ってフト思ったりもするんですけど、多分そういう事でもないんですよね。

ライブならば「この動画のような音を出してみたい」なんて思ったりもしますし、DJだともっともっと派手なやつを選択しちゃうもんな。ふーむ。

なので、このまんま、そのまんまの自分でやってりゃいいんじゃないかな?と。自分で言うのもアレですが、割とストイックです。だけどビキバキなのが好きです。

やりたい事をハッキリさせた状態にしたので、本題に行ってみましょうか。

今日は丸っきりアイデアが出なかった!全然出なかった!

曲を作ろうと思って、いざ、ラップトップをこねこねこねこねしだしたら、まるっきり何も出てこなかったんですね。出てこないわけじゃないんだけども、そのままサクサク進むという事が全然なくって、ドラムのループの細かいのを組んでじーっとループして聴いてるとか、けっこうしんどい日でしたね。珍しく弱音を。あ、いつも弱音ですかね?

音楽が出来ないという事は結構しんどい事じゃないですか。

そういう時はリラックスするのがいいんですけど、そういうわけにも行かない事もあるわけですから、アイデアの出し方って言うのを考えてみる事にしました。

イデアとか入力すると出てくる本がある

僕、読んだ事ないんですけど「アイデアのつくり方」って言う本がありますよね。ありゃ啓蒙書なんですかね?啓蒙書って、なあ?

これ、買ったろうかな?と思ったんですが、こちとら急ぎでアイデアを出して気分をスッキリさせたかったのです。仕方ないからググって、要約みたいなのを調べてみました。

あー、この言葉はこの本に書かれているのかー!

あっちこっちでしょっちゅう聞かされる話で「アイデアってのは既存の物事の新しい組み合わせ方にすぎない」ってのがありませんか?あの話の元ネタはこれらしいです。そうなんかー。そこら辺にはセンスなんかも必要らしいんですけれど、そういう事なら色々と組み合わせて表現するような人はアイデアとかズバンズバン出てきそうな気がしますね。ファッションの人とかそうなりますよね。

とはいえ、音楽もそういうところは沢山ありますから、その思考回路を持っておいた方がよさそうなので、要約を僕なりに咀嚼すると…

・資料とかを集めなさい。インプットしなさい

・ずーっと考えてなさい

って事っぽかったですwwwwwなんだそれwwwwwww基本的にはそういう風にしてるぞwwwwww

でも、案外実行に移せていないんですよね。やってみたら旋律が出来上がったりしたのでバンザイです。

どういう風にして旋律が出来上がるところまで行ったのか?ってのは、また後日書いてみようと思いますよ。

 

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.