NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

耳の穴から「めのう石」みたいなもんが出てきた日、の巻

更新日:

こんばんわ!オレです!ご機嫌いかがですか?

今日は朝起きてサッカー見てました。見てた感想と言ったらそりゃもう「モッタイナイ!」ですよね。もうそれしか言えないというか。モッタイナイといえば世界的に通用する日本語じゃないですか。こんな場面で出なくてもいいのに(汗)

ひたすらモッタイナイのが失点ですよねえ。

こちらがもらったPKだって、こちらが追ったおかげで、どうにかこうにか引き出した「相手のミス」から起こった出来事だったわけですが…

こちらの失点だってそういう類いのものですわ、こりゃ。

選手たちは頑張ったと思うんですが、選手たちから聞こえてくる言葉を聞いてると「これ、コーチングどーなってたんだ?」と思うわけです。っていうか、そんなんが出てくる時点で、プレーしてる本人たちは「しまったぁー!しまったぁー!」と思ってるに違いないわけですから、今更こんな事を外野から言ってみたところでどうなるわけでもないのですが…

言わせてくれ。コーチングどーなってんすか?

でも、日本の戦い方が見えてきた試合ではありましたよね。コンディションさえよければ攻撃陣は、通用するんだと思いますよ。コンディション整えて思いっきりやればいいわけで。課題は意外なところで「失点力」ってのが現状かもしれませんね。

そんな事くらいですかね。朝からサッカー見たので出勤の電車でビール飲みたくて仕方なかったですし、雨降ってたし、そのままカメハメハ族みたいにお休みしたくなりましたし。

次はキレイに勝ってしめたいもんですね。それにしても…

ホームのブラジルは別!としても強豪1回やっつけたら道が開けてくる大会でもあるので、残念だったな。ともかく正々堂々、きっちりと勝って賞金だけでも持って帰ろう。

モッタイナーイ!モッタイナーイ!ホワッタイムイズイットナーウ!アイムジャパニーズ!

次勝ちましょ!切り替え!

という事で本題行きましょうか

本題って言ったってそんなに書く事がない!

今日はサッカー→職場→死体→サッカーでしたから、あんまり時間が無くて書く事がなかったりします。あんまりにも書く事が無いので…

耳掃除の話でも書きましょうか。

大学時代にすんごい耳あかが出てきた事がある

ビジュアル的にも決してアレな感じでもなく、文章にしてもアレな感じでもないので、書いておこうと思うんですけど、大学時代にすんごい耳あかが出てきた事があります。

なんか耳の中がもぞもぞするんで、あたまを傾けてポンポンと叩いてみたら、耳の中で「ずごごごごごぉ!」っていう地鳴りみたいな音がして「ボゴっ!」って音がして、すんごいでっかいのがでてきたんですよ。

うわっ!って思って、こぼれ落ちたそれを拾ってみると、すごいんですよね。もうなんかキレイなグラデーションになってて年輪みたいになってんの。年輪っていうか「めのう」ですね。

こんな感じ。もう軽くパワーストーンですよ。

そして、ゴワゴワしてるかとおもったら、触った感じ「ふわぁ」って感じだったんです。

僕は「うわあ!すげえ!ラピュタはホントにあったんだ!」って思って…

その耳あかをセロハンテープ何枚かで挟みこんで標本化しました。プレパラートっていうやつですね。

そうそう、こういう感じ。結構キレイでしょう?

こんな感じにはならなかったんですけどもね!アハハハハハ!

けれども「アンモナイトの化石」って感じで、そこそこかっこ良く出来上がったんですけどね。

そしてあんまりにもうれしくて、その日の飲み会に持ってってみた

こんなすごいもんが出てくるなんて!腐海の植物はホントは毒素を吐き出さないなんて!

あまりにも感動的だったんで、その日の飲み会に持ってってみました。さぞかし、おもしろがってくれる事だろうと思いまして。

そしたらすごかったですよ。

女の子を中心層として「キャー!ギャー!」って感じで、ドン引いていく感じがすごかったですね。気心知れてる連中でしたので、次の日から距離を置かれるとかそういう事はなかったんですけれども、物理的に距離を置いて行く感じがすごかったですね。ざああ!ってオレを中心に人がサーッ!って遠ざかって行く感じ。

ざああああっ!ってドン引かれながら「ナニ変なもん持ってきてんですかー!」とか言われたんですけど、あの、ホントにね、めのう石とかそういうもんにしか見えない感じだったんですよ。

なので「そんなギャー!とか、ならんでも!wwwwwww」って思ったんですが、要するに…

結構楽しんでもらえたな、という話でした。もうちょっと正攻法でいこうと思います。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.