NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

サウンドフォントを使ってみよう!の巻

投稿日:

こんばんわ!オレです!ご機嫌いかがですか?

今日はランニングの日だったので黙々走ってきたんですけれど、今日は涼しかったですねえ。涼しいんだけど汗だくだく。なんか脳みそから溶けたんじゃないか?っていうくらいだくだく。「ふふ。Tシャツとか存分に汗吸って重くなっているから亀仙人修行っぽいぜ」とか思ったりもしたんですけど、よくよく考えてみたらさっきまでオノレの体内に含まれているものでした。

ちょっとデンブが張っていて、ちらし寿司とかに入ってるヤツじゃない方のデンブが張っていて腰に若干不安があったんですけど、走ってみたら痛みとか散ってくれましたね。

ペース自体は段々落ち着いてきて、筋力も着実に付いてきているのは実感出来ますから、故障だけには気をつけて継続しようと思いますよ。

非常に良い感じです。あとは体重計にいつ乗っかるか?なんですけど。まだ体重とか見ていないんですよ。そういう事をした方がいいんでしょうけどね。まずは体質改善から。

ということで、本題に行きましょうか

今日はサウンドフォントを探してみていた!

僕もあんまり使った事はなかったんですが、サウンドフォントって言う規格があるんです。サンプラーとかに入れると色んな楽器の音が鳴るんですけれど、音源自体が無料で配布されてたりするんですよね。

今、自分のラップトップにはオーケストラパーカッションの音が入っていなくて、それっぽい音を作るためにドラムの音をアレコレ加工したりしてたんですが、それだとあんまりにも時間がかかってしまうんで、サウンドフォントで探してみる事にしたというわけです。

そしたら結構いいのがあるんだよねえ

という事で有名どころのSonatina Symphonic Orchestraというやつをダウンロードしてみました。デモなんかもリンク先で聴けたと思うんですが、これが無料とかハンパないすね(汗)。ええと、ちょっと言い方に語弊が出るかもしれないですが、そのまんま鳴らすんであれば、十分な感じのクオリティだと思います。あ、ゲートかけておけば…んー。

しかし、これを鳴らすための環境がなかったぞ(汗)

あんまり詳しくはないんですが、サウンドフォントって2種類のファイル形式があって

  • sf2
  • sfz

という拡張子がそれぞれに付きます。

ableton LIVEにはかなり優秀なサンプラーが付属しているんですけれど、どうやらsfz形式は読み込めないみたいなんですよね。ガビーン。

なのでプラグインで鳴らしてみる事にしました

NIのKONTAKTっていうソフトサンプラーが入っていたのでそれを使ってみました。デモ版だったんですけど。

読み込めたので、鳴らしてみたらこんな感じ。

工夫のかけらもない感じのビートですがwwwwそれでも、いいですね!これは、そのまんま使えると思いますよ。ただし、なんでだか強弱がつけられないんですけれど。もしかしたらsf2みたいな処理をしているんかねえ?

折角なのでこれにableton LIVEティンパニを付け足してみました

ドンタン!スタスタ!wwwwwwwww

ちょっと工夫がない感じですけど、結構いいじゃないですか。こんだけ鳴ってくれれば上に何か乗っけたら充分聞ける感じになるはず!

という事でableton LIVEのストリングス音源を乗っけてみました。

非常に単純なフレーズですが…ここまでやると顕著になってくるのが「あー。やっぱビートが弱いねー」ということ。この段階までくるとはっきりそれがわかるわけです。

で、この後、ラッパ隊の音とか、一番下の弦を足すとかもしてみたんですが、こういうのも作ってみますので、それはまたおいおい。クワイアと和太鼓の音があればカナリできちゃいそうですね。もうちょっと複雑なビートパターンになりますし、和太鼓ってすごいんで。

和太鼓の音なんかもサウンドフォントで存在するのでサウンドフォントプレーヤーがあったらスゴい便利だな!って思います。っていうかabletonのpackに変換とか出来ないもんなんだろうか?だけどキチンとしたハイクオリティーの音源が欲しいです!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.