NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

本を買って勉強し始めたら手を動かし始めていたというお話、の巻

投稿日:

こんばんわ!オレです!ご機嫌いかがですか?

7月始まりましたねー。今日はそこそこパタパタしてたんですが。そりゃ月初めだからな。

今日は久しぶりに高い本を購入しました。前々から「読んでみてーな、これ」って思ってAmazonとかを何度も見たり、ウェブ上の書評を読んだりしてたんですけど「ちと本としては値が張る部類」ってことで躊躇していました。

それを今日、購入するに至ったわけです。買ったのはこういうやつ。

これって「作曲志すんだったら読んどいた方がいいっぽいもの」らしいです。そ、そうなのか…きっと、そんなん関係なく良い曲をガンガン作ってる人はいると思うぞ。

お昼過ぎにAmazonで発注したら、家に帰って来て落ち着いた頃に届いたねー。ほんとに1日で届くんだな、Amazon。こういうの本屋さんで買う方なので。

まだ全部は読めてないし、これについてのアカデミックな書評ってのはウェブ上にもっと詳しい人がゴロゴロいるんで、今日のところは「自分なりに読んでみて思った事」を本題としますよー。

そもそも、なんでこんな本を読もうと思ったのか?

この本ってタイトルに「基礎」ってかいてあるんですが…超簡単な本って言うわけではないんです。なので「ちょっと小難しい事を知ってみたら楽しいんじゃないか?w」って言う動機と「ノリに任せてたら基礎体力つかなくてネタぎれになりそうだなー」と思ったから。

なのでちょっと前から読んでみよう、読んでみよう、と思ったわけです。僕には結構難しいんですけど。ちゃんと勉強した人にとっては「基礎」って感じなんだろうな。

で、シェーンベルクってどんな曲を作ってるんだね?

有名なやつを聴いてみましょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=r3s_wPyRKN4

僕もあんまり詳しくないんですが、これなんじゃないんですかね?凄まじいですよねwっていうかカッコいいです。

なので「こんな音出す事ばっかり書いてある本なんじゃないか?」って身構えてしまうところなんですが、こういう感じではないです。もっともっと基礎的なところっていうんですかね?すごく古典的な事をキチンと書いてある本なんだって事らしいです。なので「案外自由でない」とまで言われてるらしいですよ。いや、そう言うの読みたかったんですけど。

僕はまだ動機のところまでしか読んでいないんですけれど…

多分、この「動機」の部分で説明されている作曲法を「さらに拡大」すると上記のYouTubeみたいな事になるんだと思うんですけれど。

動機のところまで読んでみて思っている事

この本で説明しようとしている事は…

「いきなり全体像を作るの、初心者には難しい。なので細かいパーツを積み上げていく事からやってみようや」っていう事だったりするようです。最初の方でそんなような事を言っていますねえ。

「ちーっちゃなパーツからフレーズを作ってみようや」っていう解説が始まったりするんですが、これが結構面白い。なんていうか…色んな方法がありますです。なるほどね。聞いた事はあるけれど、やろうとはあんまり思わなかった。こうやって膨らませていけばいいのか、とちょびっと思ってます。それでも僕には難しいですけど。

でね

これMIDIの編集機能を使うとパッパッと出来るような事だったりもするんですよね。ableton LIVEなんかでもやれたりするものもあります。なるほどな。あのMIDI編集機能ってそういう事のために装備されていたのか、なんて思ったりもします。

なのでね「案外DAW世代が読んでも勉強になるかもしれないぞ」とは思いましたよ。FL Studioとかでも、これやれると思う。

しかし結局のところ手を動かしてみるハメになった

そんな風に色々と音型とかフレーズとかを作っていたんですけど、フトむかしの事を思い出しました。

そう言えば数年前に必死こいてこういう曲を作ろうとしていた時期があったぞ!?と

こういう曲

なんだか音は悪いし中途半端だし、めちゃくちゃ雑な感じだけど結構できてるんじゃないか?これを交通整理したら、そこそこ楽曲になるんじゃないか?なんて思ったりしました。

そしてねー、これ多分、鍵盤を弾いてるんですよ。

そうか、色々理屈を知っておくのも大事だけど手を動かす事を忘れちゃいかんぞ!

って思ったので、鍵盤は使っていないけれども久しぶりに演奏をしてみる事にしました。

そしたらめちゃくちゃ楽しいんですよね。フレーズもいっぱい出てくるしw

うーん。良い音源を使って演奏をするって言う事をもうちょっとしてもいいんじゃないだろうか?

そう思いました。

それでも、基礎体力が無いとネタ切れとかになったりするだろうし、ノリだけで作れるわけでもないと思うんで本を読んで少し勉強なんかもしていこうと思いますよ!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.