DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ダブステップの音源ライブラリーを買ってみちゃった!の巻

更新日:

こんばんわ!オレです!ご機嫌いかがですか?

なんかiOS用のTRAKTORがアプデされてましたねえ。ちょっと前にもあったんですが。

バグ取りのアプデなんですけど、随分安定したんじゃないですかね?僕の環境ではトラックをフリーズさせて「ズバババ!」ってやったらしょっちゅう固まってましたから。音が止まっちゃうの。これではなかなか実戦では使いづらかったんですが…

この状態なら使ってみても良いかなー?なんて思ってもいます。

こうなってくるとZ1が欲しいんだよなあ…軽いしなあ。PCDJでも使えるし。今週連休の中日にDJかライブかやりますんで。しかしなー出費ばっかりになってしまうわ。ぐぬぬ。もうちょいガマン。

では本題にいきますかね。

研究のためにダブステップのフレーズライブラリを買ってみたよ

フレーズライブラリーで曲を作るってのは個人的にはやっぱりやだなー、って思うところなんですが、8dioのがメチャメチャ良いので、触ってみたいなーって思っていました。勉強になるしアクセントで使っても良いからなあ。

こんなんが簡単に出来るす。

すげーなあ。でも。これだったら制作にきちんと使えるストリングス系とか打楽器系の音源欲しいなとか色々考えていたんですが…

こんなのを見っけました。

老舗サイトでの販売なんで掘り出し物でも何でも無いんですが、僕はこういうライブラリーものは全く買わないので、ちょっとワクワクしました。あ、昔は買ってチョップしたりはしてましたけどね。

これで、トラックを作るって言うよりは研究が出来たら良いなー、って思ったんですね。

しかし使ってみたら、案外使いづらい!そして、これならフリーの音源あるで

これ、色んなソフトサンプラーの形式も収録されているんで「鍵盤をギャーッと引いて行けば色んなベースとかドラムループが並んでて、それっぽくなっちゃうんだろうなー!楽しいなー!」と思っていたら、サウンドフォント形式で読み込んでみたところ、ベースサウンドの場合は1音色で1ループ。つまり同じ音しか出なかったです。

おー、コレは使いづらいぞ。そしてそういう事なら無料で公開されてるライブラリーが結構あるぞwwwwwwと。

とは言っても使わなきゃ損!早速ループを組んでみました

そういうわけで、早速ループを組んでみましたよ。こんな風になりました。サブベースとシンセパッドだけは自前です。そしてベースサウンドもエフェクト処理をしています。流石にそれくらいはしなきゃな、と。

うーん。テストとはいえ、ちょっと垢抜けないですねー。やっぱりねサンプルを使うにしてもセンスがモロに出てしまいますね。いや!もうちょっと吟味したらそんな事無いんじゃよ!ワシかて、そんなことないんじゃよ!

でも、アレなんだね。僕もたまにはやりますけど、いっぺんサンプルにした方がそれっぽい音にしやすいですよねえ。シンセで一気にフレーズを書いてみたくもなるんだけど、音色を1つづつ作るのはソコソコ大変な作業ですからねえ。

それとか、同じフレーズとか音色でもサンプラーで音程を変えると質感が変化したりするのだし。

というわけで、なんだかんだで購入してみて良かったです!CDとかと同じくらいのものだし。勉強になりましたよ。やはりある程度身銭を使っていかないと、なかなか身に付かない事もあるだろうなー、ってことですかね。とりあえずフレーズと音色が出来たらサンプルにする事を心がけておきますです。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.