NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ableton LIVEのOperetorでダブステップをやってみた!の巻

投稿日:

こんばんわ!オレです!ご機嫌いかがですか?

今日もあちーねー。いよいよ夏がやってきたなーって感じです。

そういう事なので、涼しげな音楽でも聴きたいなー、とか思ってたら、粋なやつとかじゃなくって、こんなん思いついてしまったので動画貼付けておきますねー。

http://youtu.be/zFovc95Pzio

おー。涼しげじゃないですかー。

尾瀬じゃないですけど、僕もおじいちゃんちで色々した事は思い出しますねー。

では本題に行きますので、このさわやかな感じをふんわり思いながらこっから先を読んでくれたらうれしいです!

昨日の学びを糧に凶悪系ダブステップを完全自作したったwwwww

と、イキナリこんな感じですがwwww

夕べのブログではダブステップの市販ライブラリーを使ってウォブルベースを改めて研究してみたことを書きました。僕はこれまでループものとかを一切使用しないで色々してみてたんですが…

ああいうの聴いて使ってみるとわかりやすいねー。すぐに理解出来ますよ。

そんなわけで一個づつサンプルを作ってサンプラーにブチこんで、ブイブイやってみました!

ミックスはあんまり良くないかな?どうですかね?マスターEQからリミッターまで全部abletonのでやったからなあ。小さくミックスしてEQで整えてドギューン!

ドロップパートの前に申し訳程度のやつを作ってあるんですが、ここをもっと作り込むと個性が出てくるでしょうねー。

シンセで一個一個フレーズを作って行くより遥かに楽だし、良い結果になりやすいみたいです。

シンセはabletonのOperatorを使ったよ

MASSIVEを使ってみるという手もあったんですが、やはり僕はこれが好きですねえ。すごい使いやすいしエフェクターをかけて色んな事ができますし。

やった事は…フレーズにして書き出すってのを何度かやっただけだったりするんですが、Opretorのパラメーターって触りやすいので、バリエーションを作るのが楽チンですよねー♪

で、バリエーションを作ったものをサンプラーブイブイ鳴らすだけなんですが、そのあとピッチの調整をする事でこれくらいのバランスになった、という感じ。おもしれー。

コレをひたすら作りためて「オレが作ったライブラリー」とかwavファイルを無償公開したりしたら、喜んでもらえるかな?なんて。

そういう訳なんで、さらに音色作りが楽しくなりそうです

音色がある程度決まっている伝統楽器だったらば、そういうライブラリーを使った方が良いんだと思うんですが、こういう音楽をやる際に僕が一番楽しめるのは音色を作る事だったりするので、色んな事をしてみようと思います。「ダブステップで使う音」っていうのも確かにありますが、それでもちょっとづつ違ってくるじゃないですか。

個性的な変な音が出ればいいんですけども。

そういうわけなので、音楽的な霊感を得るためにはやはり楽しむのが一番!楽しめる事を増やす事が一番!楽しい事をやりたいっすね。っていうか楽しい事が増えましたから頑張りますよ!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.