NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

音楽以外の事を書こうとしたら超雑記になった!の巻

投稿日:

こんばんわ!オレです!ご機嫌いかがですか?

今日はアウェーだったんですが、サッカーありました。今日のFC東京は良い試合をしたと思います。確かに得点こそカウンターっぽいのによるもんではありましたが…

攻めたと思います。

押し込まれちゃう時間はあるに決まってるので勝ち点を取りに行くためのヒントっちゃヒントかもしれませんが、どうなのか?はわかんないです。

前説と比べると…うーん。なんと言ったら良いか。

ボールが収まったときに良い形になりやすかったような気がしますねえ。やはり攻めたんじゃないですかね。

何より「ボールに触ってやる!」っていうアグレッシブな感じがすごく伝わってきたので良いゲームになりましたね。結果的には2点先攻して追いつかれちゃったわけですが、面白いもんで完璧に崩されてるわけでもないんですよね。ちょーっと足が止まり気味だったかなあ?とは思うんですが、そりゃそうなるよな、ってくらいやったんではないでしょうか。

今日は「勝ってる、おまけに守れてる。後半に入って得点も出来た」という事で、これこそ交代は渋っちゃうような気もするんですが、まあ、交代したから失点なんていうもんでは無いと思うんで、迷って遅れるより思い切りでやった方が運も付いてくるのではないかな?と。やはり14人でやった方が楽だと思うので。

僕は手を打った方が良いとは思っていました。そしてもうちょい違った感じのを期待してました。なんていうか、どんだけ周りが下がってしまうような状態になっても前にいるだけでおっかない感じな選手1人、スピードのある選手1人。チェイスで1人。

ここは監督判断。でもおおむね、そんな感じでもある交代ではありましたかね。

続けましょう、勝ちましょう。しんどいけれど。

ホントは「前説ブーたれて、すいませんでした!」って言いたかったんですが、それは次にお預けとしましょうよ。勝ちましょうー。

では本題に行きましょうか

走っていたら靴が以上発熱。これはキツい

ついこないだまでウィンドブレーカもレギンスも着用して走っていたんですが、ここ数日は流石に半袖短パンで走っています。

するとねー、靴だけものすごい暑くなってきますよねえ。これがなかなかにダメージ。

サウナとおんなじ原理だと思うんですが、一部分だけやたら暑いと異様にそこに負荷がかかるような感じがすると思うんですよね。サウナって言うのはいっぺん全身を同じように疲弊させてから、全体的に回復させる事で疲労感を顕在化させないようにするもんなんだそうですよ。ナニそれ、ヤバいんじゃないすかね?ww

まあ、ともかく、なかなかしんどいわけです。

そういう訳なので、足をかき氷にズボっ!と突っ込んでみたい

多分、普通にアイスノンとかを使えば良いのだと思いますがwww

でも1回やってみたいですよね。超気持ちいいと思いますよ。北海道の温泉に行ったときに全裸で雪の中にダイブしたら気持ちいいを通り越して、そのまま昇天してしまうんじゃないかと思いましたからね。

どういう風にダイブしたかって言うと、相当つもっていたので前から行きました。全裸で。

ギャー!ってなって、そのまま転げるように風呂にドボーン!だったんですけど、普通だったら逆じゃないですか。熱湯風呂でやるべきものですよ、これって。しかも男子ですからね。前から行くとか死活問題かもしれないじゃないですか。

そういうわけなんで(どういうわけなのか)かき氷的なものに足を突っ込んでみたら、ちょうどいい感じで結構気持ちいいんじゃないかな?と思ったりするのです。

そういう事をやってる面白い人がいないかどうかググってみた!

わけわからんオモシロ動画を撮影してる人はいないかなー?と思って、ググってみました。Twitter風に言うと「かき氷 足 検索」ですかね。

そしたらこんなんがありました。

http://youtu.be/72rl941KE4A

なんだこれwwwwwかき氷作るのはわかるんだけど、なんでシャボン玉出てくるの?wwwww

途中までしか収録されてませんが「かなりてんこもり」だそうですwwwwwなんだこれwwww

でもさー、こういう風に「発電を遊ぶ」ってのは良い事だと思うんですよ。まずは遊びとか戯れでやってみたらいいんじゃないかな?それこそナノムゲンとか「超真剣な遊び」という面もあるんじゃないですかね。

なんか、そういうところからしか、新しい画期的なものって生まれてこないと思うわけですよ!超真剣におもしろがってみたいところですよね!

 

 

 

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.