NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Logic Pro Xを使ってみているのだけど、の巻

更新日:

こんばんわ!オレです!ご機嫌いかがですか?

今日数年ぶりに自分の部屋にエアコン設置しました。自分の部屋はこう、熱くなりやすいみたいで、こないだの猛暑の時は床で寝てて「こりゃ冬の事を考えてもいかんな、エアコン結構苦手なんだけど」って言う事で。いっちばん安価なやつを渋々w

設置しましたとはいっても、もちろん業者さんに設置してもらうわけなんですが、大量消費のご時世ですからね。どうやら工事をする人にもイロイロ技術レベルがあるようで、最初は断られちゃったんですよね。「これ無理っす、いったんキャンセルしたらどうっすか」って。

えーと、オレは職には就きませんでしたが、親父が建築士でなので、なぜ「無理っす」って言う解答になったか?っていうのも説明したいところなんですが、とりあえずそれは置いといて、とにかく色んな様々な理由から「無理っす」が発生してしまうようです。

結局、今日見てみたら懸念していたところも問題なくきっちり作業してあって、きちんと取り付けてあるんですけどね。

実際は技術レベルだけの話ではなく、雇用とか会社の制度の問題。あるいはクレーマー対策なんかもありそうなんで超ややこしいです。

ただ、いずれにしても「自分も技術レベルは向上させて行かないとなー」と思いました。

これ、文句を言ってるわけではないんですよ。

「仕方ない」と言ってるようなもんで。イロイロな都合もあって「技術以外に仕方ないところもある」と。やれる人が来たら出来たし、キチンとやってくれたら追加の料金は納得して支払いますし。どうせなら「納得してお金支払ってもらえる人」になった方がいいんだろうなー、って思ったりもします。

その上で「無理なものは無理」と場合によっては言える強さも持ちましょう。

では本題にいきますかね。

Logicを弄ってみてるんだけど…

こないだも書いたんですが激安DAWのLOGICを入手していたので、iPadとか使わないで正攻法な感じで色々と作業をしています。「コマンドD」にあたるショートカットとか無いんですかね?これがわからないだけで打ち込みが一気に大変になるんですけど。

という事で若干ピアノロールとか編集は使いづらいなー、と思ってたりします。好みの問題ですが。これならばStudio Oneに軍配か?って感じはしますねえ。

ただなー、ミニ鍵盤でもなんでもいいんで接続出来ればね。MIDIエフェクターとかも結構いいんで。楽な事もできるかなー?と思いますよ。

昔はロジックってその名の通りややこしくて、こういったエフェクターを取り付ける事すら、ややこしかったような気がするんですが、現在ではウルトラお手軽です。もしかしたらお手軽DAWの代名詞になるんじゃないか?ってレベルでお手軽。

いい時代になったなあ、とは思ったりします。

で、打ち込みはやりづらいんだけども…シンセとエフェクターが面白いんだよなあ…

弄ってて一番面白かったのはシンセ関係ですね。うわー。これ久しぶりに触った。ある程度音が出来てきたらランダムボタン押してみるとかね。

それとかエフェクターも面白かったです。面白いっていうか…これインターフェースがあんまり変わってないじゃないですか。超懐かしい♫

で、音色変化も面白いって言う事で「音作るのにはいいなあ」と思いました。

あんま音色を作らないでもいいケースの場合大変なのかな(汗)

でも、ワンループをある程度展開のあるものにするのはすごいやりやすかった

多分、ableton LIVEなんかでもやれる事だとは思うんですけれど、クリップの扱いの性質上、構成を作るのはLogicの方がやりやすかったですかね。僕、ガレバン全然使った事ないんですが、こういう感じなのかな?

という事であんまり面白くないけど4小節ほどのワンアイデアをちょっとした構成のあるものにしてみました。結構ワンアイデアの音楽ってあるし、面白いじゃないですか。

あんまり面白くないけどableton LIVEよりは楽な面もありましたねえ。やりづらいのは打ち込みだけ。そして最近はだいたい付いてるのかな?SoundCloudにダイレクトで書き出せるのも、使ってみたら嬉しい機能でした。ついでなんでYouTubeとかにも書き出せちゃえばいいのに。

付属のシンセとかエフェクターの扱いってのはややこしいですねえ。これ結構いいのにな!ってなるんだけど、そうすると一気に曲にしていくのが大変だったりするって言う。面倒だけど逐一素材はためとくべきなんでしょうね。オレ、それ出来ねえんだよなあ(汗)

Logic Pro X

カテゴリ: ミュージック

価格: ¥17,000

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.