NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

シンセのオートメーションってこれも一つのオシレーターだよなあ、の巻

更新日:

今日は帰ってきてからOperatorをいじっていたのだけれども、LFOに頼らず手書きでオートメーションを書いていたら、なんだかめちゃくちゃな事に。

実際はこれ、あまり激しい変化をしないです。そしてめちゃくちゃって言ってもそんなに激しい事はしてないですかね。

割と周期的に動いているので、これも波形ですよね。LFOです。なのでオシレーターです。という事はオートメーション書く時にも一般的な波形が簡単に書ければいいのだけれどもな。普通にLFOの設定をモジュレーションすればいいじゃないですか?という気もするんだけどちょっとちがうんすよー。

他のDAWにはついているのでよろしくです。

こういうのをやっていると「これって音楽か?」なんて思ったりもするのだけれども「たとえ似たようなものでも自分の音が出る」っていう点では音楽ですかね。音響派に近いというか。

そしたらヘンドリックスも音響派みたいなもんなのか?というw

というよりは自分の音を持ってたブルーズマンって事ですかね。

ちょっと脱線しましたけれど、基本的にはこの世に存在しない楽器を作っているようなもんなのでちょっと大変だったりもしますが…

おもしれえんだよなあ。曲がなかなか完成しないっすよ。

そう。もう誰かがやった時点で「存在するもの」ではあるんだけど、自分で作ったらこの世に存在しない音なんだよな。楽しい。

あとは音楽的に成立させるだけ。

 

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.