Spotifyフォローをお願いします!

MacOS上でCrossover使わないでFL Studio動かす方法、の巻

MacOS上でCrossover使わないでFL Studio動かす方法、の巻

abletonでエフェクトのラックを作ったり、空間と周波数を特定して弄くり回すような事をしていたんだけれども、もっとサクッとカッコいいフレーズが作れないもんか!と思っていたので、FL Studioを使ってみる事を検討しています。今作っている音楽って「音の状態を劇的に変化をさせるのが超大事」なものなので、それがやりやすいソフトである事がとても大事だったりするんですよね。FL Studioはそこら辺の操作がとてもよさそうですから。

あ、あとFL Studioって最初っから付いてくるシンセがめちゃくちゃ今っぽいです。っていうかこれを使い続けた人がいるから今っぽくなってるだけなのかもしれないんですが…

まずは、そういう音を出しましょう!という事です。まずそういう音を出せるようになろう!というこってす。

たとえ話としては…

モーツァルトだって音楽的には…まあ、そんなに革新的な事はしてないと思うんだけど…

就職のために絶対必要だったから対位法の猛勉強をしてみたり、当時そんなに有名じゃなくてマニアしか知らなかったバッハの楽譜見て「すげー!」とか言ってみたり、当時の流行だったトルコ趣味をとりいれたりなんだりしながらも「書いた曲が、なんでかわからんが良い。何が違うんだかわかんないんだけど、とにかく良い。同時代の人間と比べても格段にいい」ってことで神童ということになっちゃってるわけですし、最終的にはそうすなあ…ジュピターあたりで、とんでもないところに行ってたりするのだから、そういう事を考えてみても、過去を学びながら今っぽい音を出せるようにしとかなあかんような気がします。死ぬまで勉強っす。現在だったら道具の事も勉強っす

…で

今回勉強しようと思っているFL StudioWindowsでしか動きません。ベータテストがあったとか言う噂があったり、次のバージョンはMacにも対応するぞ、みたいな話もあったりしたんですが…

現段階ではプログラムを全て書き換えないといけないっぽくて、リリースに至っていないわけです。

仕方ないからMacBook Airにお試しでBootcampで入れてみたら、操作感が悪すぎて血を吐くレベルのストレス(笑)

こりゃ困ったなあって思っていたところで、こんな動画がありました。

http://www.youtube.com/watch?v=_IVcMXbgXkc

これ、試してみたんですが上手く行きました。とりあえず上手く行ったっぽい。これってCrossoverと同じ事ではあるんですが、Crossoverよりは…なんか良かったんですよね。

アクティベーションとかどうしようか?など色々課題はあるんですが、ちょっとこれで試してみます。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドンカテゴリの最新記事