NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ableton liveでDrumRackをバラバラにしないでキックをサイドチェインのトリガーにする方法の模索、の巻

更新日:

タイトルが長いんですが、今日どういうわけかビーズとか脳内で再生されてたので、そういうもんかな?と思ったりします。

最近はずーっとFL Studioなんですけれど、今のところMacにネイティブで対応していないので、プラグインの設定なんかがちょっとややこしかったりします。

こういうものもあったりするのだけれど

http://www.youtube.com/watch?v=v9enG7VyS4Q

これだとなぜだかNI系のプラグインがデモでしか走らんのですな。これ一部の機能がうまくはたらかないのを除いては結構完成度高くてサクサク作業できるから使ってみたいんだけどねー。

こういう試みをしてるってことはメーカーも対応させたいなーと思っているんでしょうから、そのうちMacでキチンと動くの出ると思います!

とにかく、上記の理由からネイティブ環境で動いているabletonも使っていたりします。コレを使った方がいいタイプの音楽もありますからね。

ようやく表題の話なんですが(笑)

abeton LIVEってのは長らくループベースのソフトだと思われがちだったりしますが、ガチで使いまくってる人は何故かループベースの作業しないですよねえ。

そして「割とオーケストラっぽい?」みたいな音楽を作るのにも結構向いてるんです。

例えばこういうのとか。

あ、これもループベースか(汗)。でもまあ、「ローが出るヘッドホンでわかるくらい、ローがまるっきり出てなかったり」もしてますが、こういう事も出来るソフトではあります。

しかしですね、案外イマドキのダンスミュージックをやるのが結構苦手なソフトなんじゃないかな?と思う事もあるんですよねえ。単純にオレがそういう使い方が出来てないだけかもしれませんが。

特にベースにサイドチェインをかけようとすると一手間かかったりします。

abletonには「DrumRack」という、すごく面白いプラグインが付属しているのですが、これね。キックをトリガーにしてベースにサイドチェインかけるのが、面倒だったりするんです。

なんていうのかな…すごく打ち込みづらくなるの。超簡単に言うと。

という事なんで、イロイロと考えて以下のようにしてみました。

あれこれしてリターントラックに送ってミュートしてからベースに送るという。

これをやっておくだけで、随分ラクチンになるんですが…

わかりづらいですよねー。でも、とりあえずこういう風にしないとオレにはやり方がわからんのです。

なんか素晴らしい裏技などがあったら教えてほしいものです。

最近こういう話が多くなっちゃってるかな。もうちょっとおもろい話が書けるといいのだけれど最近こんなんばっかりやってる。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.