NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

iPhone5Sとかの発表を見てて思う事

投稿日:

こないだブログに書いたダブステップのパッチ集を買ってみたんだけど、開いてみたら驚くほどシンプルに出来ていてクッソワロタですwwwただし音は太い。

ひとしきり音を聴いてみてやり始めたのが…

それを応用して自分のパッチを作り始めたという。

や、その方がコントロールしやすいんですよ。ただ「こういう音は欲しい」って時に部分的にあると便利ですね。それをちょこっといじればいいかな?と。非常に勉強になりました。説明書よりわかりやすかったです。

夕べのAppleの発表会のなんちゃらを読んだり聞いたりしていて思ったのだけれど「過去の繰り返しやってるなー」って思いました。確かに驚きが極端に少ない発表ではあったんですけど、リアルタイムで映し出してたらどうだったろうかね?リーク通りでもそこそこの感動はあったんじゃないでしょうか?

なんでストリーミングやらなかったんだろうかね。まあ、そりゃいいか。

個人的に思っている事は「モバイルコンピューティングとかウェアラブルな端末としての電話機で、もはやそんなに驚きなんか付加できねえだろう」ということ。もう当たり前のもんになっただろう、と。

これ以上やるとなると、それこそプライバシーの方がおっかなくなるような気がしてならないしフィンガープリントですらギリギリ感あるような気がします。

なので、今回は「S機」ってことで、やたらめったらスペックの話になっちゃってたような気がしますが…

これでいいのかもしんないですね。

S機の発表の時にいつも思い出すのが3GSの事だったりします。ありゃジャイロナンチャラとかコンパスとか搭載されましたけど「単純に機能アップさせましたー」という印象のものでした。

ただし「単純に機能をアップさせる事」ってのが最大のイノベーションだったんですな、当時は。あのアップグレードでようやく使えるようになったと思う。あとはiOSが当時としてはガラッと変わったりしなかったっけ?

オレもiPhoneは3から使っているんだけど、あの端末はホントに使いもんにならなくてね。iOSもひでえもんだったから、電話しかしなかったもん。しかも、あんまりつながらない電波使ってwwwww

あんなもんが売れるわけが無い。そりゃそう思うレベルのシロモンだったよな、とは今になってみると思います。最初はオレも買う気はなかったんだけど、売り子のおねえさんがとても美人でフラフラーっとiPhone3にしたんすよ。そういうとことても大事だから売り場、頑張れ。

とにかく

そんくらいのもんでしかなかったんだけど、OSとハードウェアの機能アップが大きな飛躍となっていた、ってのは事実だと思います。そして3GS当時は発売日にストアに行っても売れる気配すらありませんでした。

今回の5Sはどうだろうねえ。もしかしたら機能アップそのものがイノベーションみたいな事にもなるかもしれない。

けれども、5Cの追加とか、4Sも続行して販売するんかwwwwwっていうのがありますからiOS7になっても処理速度の面でそんなに困る事は無いレベルまで来てるんでしょう。

そうなると、あの「iPhone5 Pro」とか名付けた方がいいんじゃねえか?っていう端末に何をさせるのか?ってのがまるっきり見えてこないんですよな。だってファイルの扱いとか超不便じゃないですか。超不便ですよ。音楽やる分には「あんまり必要の無い忍耐」まで迫られるような気すらします。

なのでね

まずは64bitになったからゲームとかじゃなくて、なんかビックリするような事をしてくれまいか?と思うわけです。誰かオレをビックリさせてくれ。しゃっくりが止まんないから死んでしまう(ウソ)。

というか「ゲームとかすげーぞ!」ってんならFFのオンラインとかドラクエのオンラインとか軽々出来るような感じにしてくれんかいね?って思ったりします。

ついでにGoogleグラスみたいなメガネが付いてもいいと思います。あ、もっといい事があるような気もしますけど。

やるとしたら映像かね?

あ、ドコモの参戦については音楽の流通として興味ありますねえ。

着うたとかどうなってんのかさっぱりわかんねえですけど、ケータイごと音楽捨てちゃうのとかいるんだろう?今はどうだか知らないけど。そして今でも着うた売れてんのかどうか全く知らないですけど。

いまんところ、iTunesって日本ではあんまり成功してない分野ですが…

3キャリア全てでそろうとどうなるんだろうかね?

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.