NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

2009年のデモを完パケた場合「新曲」と言っていいんだよね?の巻

投稿日:

ここのところ、音楽的なアイデアが浮かばなくて、ネタになるような事を考えていたのだけれども、全然どうもならんので、むかし録音したデモを探す事をしてみました。

そしたら2009年ですね。こんなのがありました。

これはねー。雑誌についていた体験版の巡音ルカで作ったんですが、まあヒドいですね(汗)ちゃんと歌わせられてないし。

そしてバッキングがアコギだけになってるんですが、ズレてたりするので多分クリック聴いて録音してないんでしょうな。そしてこれはメロディーだけを最初に作っちゃったんでしょうな。また「ギリギリ歌もの」って感じでしっくりこないところがあります。

でもまあ、歌ものを作る場合ならば「歌がある」って言うのは最大の音楽的な動機になるわけですから、コイツをつかってトラックを作ってみようと朝から色々していたんですが…

結局アイデアが出てきたのは夕方以降。とっかかりまでちょっと時間のかかったトラックでもあります。

出来上がったのはこんな感じ。

http://www.youtube.com/watch?v=b47MXpc7Huo

ニコ動はこちらです。

 【ニコニコ動画】【初音ミクV3】こないだは….【オリジナル曲】

イラストは遊佐カクトさん

どうですかね?これってフォークトロニカになるのかなあ。どうだろ。リズムがそれっぽいだけなので、フォークトロニカとは言わないかな。

あとableton LIVEの新音源をつたない感じで使ってますが、こういう事も音楽の動機にはなりますよね。やっぱり。

少々「歌として」うまく行ってないところもあるような気がするんですが(コード感とかがメチャクチャになるところはあるんですが、そういうことじゃなくって。むしろそこの部分はテクノっぽいと思ってる)サウンドとしては結構気に入ってます。こういうのも好物のひとつですねー。

細野さんのカバーアルバムだったかなあ…

中学生の吹奏楽団が「風の谷のナウシカ」を演奏してるのが収録されてるんですが、ああいう感じになればいいかなー。

とは、ちょっと思ってました。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.