NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ハロウィンだったので「男の娘」になれないか?って思ってトライしてみたよ!の巻

更新日:

夕べ、ハロウィンパーティーやるんだぞって言う事なんで仮装してきました。仮装っていうか女装してみました。女装するのって学生の頃にいっぺんやってみたことはあるんですけど。子供たちの前でやったんですよ。で、スカート履いて綱引きするの。

何をやってるんですかねwwwお姉さん連れてきたらいいじゃんwwww

お化粧とかもしてもらいましたよね。女性陣ノリノリですよね、こういうときって。オトコがやるとたいていグレートムタみたいになりますからね。気がついたら自分の顔面に忍とか炎とか書き出しますからね。オレ、口紅でやってみた事あるんですよ。そしたら全然落ちないのなwwww

そういうのは得意な人に任せた方が良いと思われます。

で、その時はバイトだったので着ぐるみを着るとかもしたんですが、すごいんですよ。子供の前にぬいぐるみで出て行くと。ワー!って集まってきますからね。釣り堀に生き餌を投げ込むようなもんですよ。

殴られる蹴られるは当然として、ちょっとサドッ毛のある女の子なんかにギューって腕をつねられて「ねえ?痛い?」とか聞かれたりwwwいや、ぬいぐるみだから大丈夫なんですけど。ケツにバチコーン!っていう衝撃を感じて「何だ何だ?」と思ったけれども、そのままおつとめ果たして待機場所にもどってみたら「これが落ちてました」とかって、引きちぎられたしっぽをわたされたりとかして。すごいな、と。

あんまりバリューの無いぬいぐるみを着る仕事するような事があったら、オススメパフォーマンスとしては飛び跳ねる事っすね。ビョーンビョーン!って。なるべく垂直に飛んでくださいね。子供とか近寄ってきても自然に吹き飛ばせますから。しかも喜んでくれますから。

そんなわけでソコソコある程度、扮装したりはすることあったんですけど、今回は超久しぶりなので、どんなんなるか?って思ってました。あ、特にオチとか無い感じで書いていくんでグダグダになりそうなんですけど、読んでみていただければと。

実際にやってみたらこんな風でした。

どうなんですかね?これ。本当はヒゲぼーぼーなんですけど。これは自分で見ながら顔を作ったんですけど、隠れてるところもあるから、まあアリですかね。こういうのを装着すると、自然と動きがしゃなりしゃなりしてくるから不思議なもんです。ちなみにノーメイク。

次はこういうやつ。

これはウィッグっていうかヅラを無くしたバージョンですね。ご一緒した男性DJさん劇撮な1枚。面白いものでコレ、Facebookで男性からの反応がありましたwww

そーですか。ソフトクリームがあったらよかったなーっていう一枚ですね。コレまたノーメイク。

最後は女性陣に撮影してもらったやつですね。

ここら辺になってくるともう汗だくだったりして変なテカりかたをしてるんですが「女子高生っぽい」ということだそうです。そうなんですか?wwww目とかでっかくするんじゃないんですか?wwwコレもノーメイクです。ちょっとキツいですね、これwwww

しかしすごいですよね、女の子。

この服っていうか、衣装なんですけども…レディースサイズなんですよ。なのでDJやるのに支障が出るレベルでパッツンパッツンなんですよね。

でも、女の子って、この中に大なり小なりおっぱいが2つほど入るんだろ?どんだけ細いんだよ!って思いましたよね。なのに全体的に柔らかいとかどうなってんだよ!と。もうこれは優しくしてあげた方が良いと思いますね。こりゃ乱暴に扱ったら壊れちゃうwwwなんだそれwwww

今回珍しく人様に自分のiPhoneを渡して撮影してもらいました。iPhone渡すのちょっと照れくさい場合もあるかもしれないのでAirDrop便利そうですけどね。

オレってあんまり自分の姿とかライブ映像を撮影しようと思わないタイプなんです。なので実際に殆ど映像ないです。いかんですね。

けれども、こういう格好するとね…

どんだけ可愛く映れるか!?って超考えちゃうんですよ。考えましたよ。それなりに。ヒゲぼーぼーだけど。

女の子すげーな、と思いました。大事にして上げてくださいませね、ウフン。

最後に割とオトコでいた感じの写真を貼付けておきますよ。ビジュアルなバンドやってみたいですね。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.