DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン 日常

漫画表現ってのはすごいもんだな、と思った話やばい。

更新日:

ここのところ週末は出かけているので、なかなかジョジョとか見られてないんですがニコ動で見ました!

「イタリア料理を食べに行こう」の回はそりゃもう大好きなわけで、この日が来るのを待ちわびていたところがあるのですが(笑)・・・

やっぱ漫画表現ってのはすごいな。やばいな。

という回になったかなあ?と。

例えばこのシーンですが。

f:id:syunnakano:20160606223741j:plain

これをアニメでやるのはかなり大変だったのではないかな?と。

「美味いもの食った時の饒舌になる感じ。しかもなんか面白い事もチラッと言ってる」っていうのを漫画だと一目で表現できるわけです。この過剰さがビジュアル的な熱量につながっているわけですよね。これを「通常の時間軸に沿ってやる」ってなると、相当難しい事だ、と。

そういやあー、ディオが「モナリザはスタンドみたいなもん。時間を超えるし」みたいなこと言ってたよなあ。あれ、そういう事なのかもしれません。

これ以外にも「漫画ならではの表現」が沢山あるのですが、それらをアニメにするのは色々と悩みもあったのではないかなあ?と思うわけです。

そんな風に思うところも色々ありますが、僕はこの回、大好きですね。

何より僕は「アニメ4部」がすごく好きなのです。

もちろん原作がもっとも尊重される性質の作品なんだと思うんですが、声を出して動き出してより好きになったというか。仗助くんの性格とかもわかりやすくなったように思うし、ビジュアルも一周回ってある意味ジャストみたいな感じもあるし。

あとOPもEDもすごく好きなんですよね。OPがなかったのは残念だったなあー!(笑)

そして僕。2部のOPも好きなんですよね。曲も好きかなー。そっすね。リリックも好きかな。

スポンサード

スポンサード

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン, 日常

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 AllRights Reserved.