NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

今日は散歩してからカラオケしたんだけど、カラオケ色々とヤバいwww

更新日:

今日は夕方からブラブラしてました。歩行距離で考えたら随分歩いたんじゃないか?と。散歩いいすよー。案外走るより良い場合もあるかもね。

そしたら久しぶりに歌を歌っておきたくなったので1人カラオケでも。

そしたらびっくりしましたね。もうね、歌える体じゃないのwww鍛えなおさなきゃいけません。声がでねーでねー。

どんだけヒドいか一部公開しますよ。

ほんの少しでも驚きがあった方が良いと思うのでダマで聴いてもらうかと思ったんですが、そうするとこのあとの文章が書けないぞ、ってことに気がついたので「何を歌ったのか?」最初に書いておきます。

えーと敬愛して止まないブンブンサテライツのBack on my feetですねー。敬愛の念からライブでカバー出来ないか?と思っててね。いつもDJやらしてもらってるところにはムスタングもあるしマイクもあるし。

しかし、歌ってみたらこれがヒドいwwwwではどうぞ。

これはヒドいwwwwまず「言えてない」ってのがヤバいし、色々ヤバい。headのところなんか言いきれてなくて「ハーっ!」とかになってんだもんwwwww

帰りにチェックで聴いてましたけどねオモシロすぎて吹き出してました。吹き出してましたがそれで済んでるのは、かろうじてキーだけはキープ出来てるから。なんだろうと思いますけど。

ただし音楽として成立させるには、これじゃね。

っていうかねブンブンサテライツ武道館でライブやりましたけど、こんなの病み上がりで歌うもんじゃないです(汗)今でもニュース番組でやってたフランケン川島の写真が思い出されるんですが。こんなの、病み上がりで歌うもんじゃないです。

僕もランニングとか定期的にやってますが、音楽で使う体力ってまた全然別なんですよ。音楽体力は別もの。100メートルのランナーと野球のランナーの違いっていうか。あ、ちょっと違うか。

あとね、これ、自分で歌ってみて思うんですけど。

中野さんの言葉を借りれば「ギター1本で引き語るとポップスとして成立する」んじゃないでしょうか?まずサウンドで圧倒される曲ではあるんですが。

例えばアコギ一本でテンポゆっくりにして歌うとカッコいいと思うんですよ。ギターの弾き方で随分個性がでるのでは。うん。多分カッコいいと思う。

あのー、ジェイクバグとかが歌ったらカッコいいんじゃないですかね?

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.