NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

DJ ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

ドラムンベースのDJをやったのですが、楽しかったですね。

投稿日:

昨夜はドラムンベースのDJをしました。人前でちゃんとやったのは初めてだったんじゃないかな?って思うのですが、毛が逆立つような低音の感じというのはああいう音楽の醍醐味で、そういうのが感じられたというのがまず一つ楽しかったです。そういう感じはダブステップ以来。

僕はもはやドラムンベースがどうなっているかどうか?っていうのは全然わからなくなってしまっているのですが、こんなにタフな音楽もなく、それこそ20代の頃から大好きなので「やって良かった」って思っています。

お客さんも結構入ってくれて、参加させていただけてありがたく思っています。次回は9月に予定されているようです。

昨夜は選曲の組み立ても明確にやれたかな?って思ったりもします。DJとしては慣れないジャンルだったので40分というメチャクチャに短い時間だったというのも良い方向に働いたのかな?と思いますし、それは逆に未熟だな、と思うところでもありますし。ここらへん難しいところなのですが、結構明確でした。お店に入ってすぐに「手持ちの曲と相談して、だいたいこんな感じにしよう」っていうプレイの方針をイメージできたのは良かったかな?と。

プレイ動画が残っていなくて、Facebookの友人が撮影してくれていたのですけれど、それをここに掲載する事も出来ないだろうなあ、と思うので、また今度の機会に。

ドラムンベースって曲によってはかなりハードな音楽に聴こえるんですが、踊っていて「意外とくたびれない音楽」ですし、独特のフューチャリスティックっていうんですかね?ああいう感覚をぜひ味わって欲しいな、とも思ったりしますので、機会があったらぜひともドラムンベースやりたいな、と思いました。

ドラムンのパーティーって都内にあんまりないけど、外国人には好きな人がすごく多いからロケーションを考えながら戦略的にやってみるのも良いかもしれなくて、そういう事を考えたりもしたのだけれども、やっぱり僕としては「自然にやったら自然に統一感と多様性が出てくる」っていうパーティーをやりたいと思っているから、沢山のDJさんと知り合いたいな、って思います。

-DJ, ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2017 All Rights Reserved.