NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

増税前なので駆け込みでAirMac Time Capsule導入!

更新日:

自分ちのネットワークの環境とかが非常によろしくないのでAirMacのちっこいのを購入しようとずーっと思ってたんですが、Macの容量がヤバイとか、バックアップの必要性をヒシヒシと感じていたので…

思いきってAirMac Time Capsuleの2TBを購入してきました。2TBって辺りがなんか小市民な感じですがw

だってほら。本当はデータの方が大事だからねえ。

というわけでタイムマシンの設定を済ませてiTunesも室内NAS?とするべく移管中です。

最新型のAirMac Time Capsuleはタワー型なので地震対策としてはこんな感じにしました。

横にしただけなんですけど。

なんかアレね。2001年宇宙の旅みたいですね。どのへんがそうなのかわからないですけど。多分角っこの曲がり具合とマットな質感ですかね?

それにしても「タイムカプセル」とはよく考えたもの

しかしタイムカプセルとは、よく考えたもんですよね。ネーミングが。いいよね。

でも、タイムカプセルって言ったら、だいたいの場合は思い出を埋めとくもんじゃないですか?何年後かに掘り返すもんじゃないですか?僕も多分どっかにありますよ。校庭の茂みの中の秘密基地とかに。

なんでバックアップ取る機械なのにそんなネーミングなんだろ?

これはAppleが何かしらの隠し機能を入れてるに違いないですな。どんなプログラマもわからないような秘密がきっと隠されているんですよ。それは機械が代替わりしても延々と受け継がれていくんですよ。

で、僕らがすっかりそういうことを忘れて当たり前のものみたいにして使っていた2030年1月1日の朝。

ぱかーっ!と思い出と共に色んなファイルが展開されるんですな。僕らはそれを見てただ涙を流すという。ニューシネマパラダイスとかみたいな、そんな感じになるんですよ。

多分www

ソーシャルメディアではそういうのもう既にやってるけど、あんなんよりもっとドラマチックな事が起きないかなー?なんて思うんですけど、データ保管の機械なんでキッチリ動いてくださいwwww

それはそうとAmazonのやつなんでこんなに高いの?

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.