NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

bitwigでトラックを作り始めたった!

投稿日:

こないだどっかで書いたんですが、今日はこれを見て気持ちを奮い立たせていました!

https://www.youtube.com/watch?v=SiX3z_fOR5k

有名すぎる動画で今更感バリバリではあるんですが、これ解りやすいよなあ。スコア買うとかキツいんで図書館とかに行って借りたいもんですが、教育を受けてるわけではないのでチンプンカンプンの可能性大です!wwwwこういうのがあるといいよなあ。

それにしてもどうなってるんですかこれ?コーダ始まるところのドヤ顔っぷりったら!ですな。このあとにベートーベンの5番見てみたら「あれれ…」という印象になるのが面白いでござる。こういう感覚はイマドキなEDM作るのに役立つ感がある気がするのは僕だけですかね?

EDMとかの方は割とノリでやるもんにしても、なんとなくねえ。

では本題ですかね。

ようやくbitwigでトラックを作り始めたんです

これまで慣れるためにちっこいパーツをアレコレしてきたんですが、ようやく「最低限の展開のあるトラック」を作り始めるようになってきました。バウンスの機能が便利でしてな。

で、こんなんなってます今。

https://www.youtube.com/watch?v=5Dm74InPy_I

こんくらいの感じのが色々つくれたらいいかな?と。レイヴィーと言うよりどっちかっていうと…なんだ?アブストラクトな感じのヤツ。

最上段がMASSIVEのトラックになってますが設定を変えて鳴らしたヤツを全部バウンスして配置してあります。bounce to placeでやってるのでシンセの音色だけが変化してます。トラックに差してあるエフェクターはそのまんまってことですね。それだと過激な音色変化にはならんのだよなー。

これを吟味してエフェクターを変えてトラック分けをしてやったらトラックに深みが出てくるかもしれんすなー。多分別のやり方があります。単純にbounceでもいいんだけど、もうちっと面白いやり方が出来そうな気がするんだけど。明日以降やってみよう。

何れにしてもバウンス最高!サンプラーが超便利になった!って感じでやってますんで、入力の機能強化をとにかくとにかくとにかく宜しくお願いします!

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.