NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

サッカー

サッカーについて書いてみたら恥ずかしくなってきたんだけど公開してみるw

投稿日:

フィッカ体制でのホーム初勝利!ここからだ!

今日はFC東京の試合を見に味の素スタジアムへ。相手はサガン鳥栖ですね。直前まで雨が降ったりスタジアムの近くで雷が鳴ったりしていたんですが、選手が入ってくる頃には雨もすっかり上がって雲の隙間から見える太陽の日差しがまぶしい程に。

あー、こりゃ絶好のユルネバ日和になったなーって思いました。

 

今日のユルネバはなんか素敵でした。~ don't be afraid of the dark~のあたりからスタジアム音響さんが伴奏を絞っちゃったのね。ストップさせたのね。普段より早めに伴奏をストップしたのね。それでも皆ガッツリと「オマエはひとりじゃない!」って歌ってて、ちょっとホーリな感じすらしたんですよね。とても気持ちのいいユルネバでした。

いつも試合が面白くなりすぎる感がある相手なんですが、今日も面白くなりすぎましたw2−1とか…w

ザックリと個人的な感想を書きましょうかー。VTRを見直したりしてないし、ましてや試合中にメモとかを時系列で取ってるわけではないのでリポートとかでなくて感想、ですね。

まず試合をパッと見た印象としては…

箇条書きにすると以下のようになりますかね

  • ボールを前へ運ぶ手はずは整ってきている感あり。だんだん慣れてきたか?得点のにおい十分
  • 攻撃時にアタッカーのモチベーションが非常に高い
  • こちらも危ないシーンはあるが、最後のところではやらせてない印象
  • センターバックの対応と権田さんのキャッチングが非常に安定しているため
  • 相手のボールホルダーに詰めに行くときの具合が好印象
  • ただし守備をする時はガッツリ引いてる。平山がデカいセンターバックに見えたシーンありw

という。ま、全て当たり前の事ではありますが、ここら辺コンディションとか起用がうまく行かないと出来ない事ですからね。割と調子が良かったのか、あるいはやり方に慣れてきたってところがあるのかも。

ボールを前に運ぶ手だてについては色々あるんですが、きちっとビルドアップしようとするときの陣形が整ってきている印象がありました。選択肢を多めに取っておくという印象。どのチームもやる事かもしれませんが、このチームでやりたいボールの運び方はだんだん構築されてきているのかもしれません。ああ、この形か、というのが見えてくる頃合いかも。

また、いざボールがそこまで行った時にはアタッカーのチャレンジ精神だとかが旺盛なので、結構見応えが出て来たんですよ。ここら辺はね、思い切りよくやってほしいところなので。

ただし連携面ではまだまだなところがあるので、うまく行っているわけでもなかったわけです。それでもこういう感じですから、ここら辺に磨きがかかっていけば超攻撃的なポゼッションサッカーも可能かもしれません。残念だったのは野澤さんなんですが負傷退場してしまいました。もっと思いきりよく早めの判断で裁けるようになれば!と思っていたので機会があれば試合に出てほしいと思うんです。なので怪我の具合がちょっと心配。頑張れ。

相手に攻め込まれたときの対応も良かったですよね。相手の超要注意人物である代表FWの豊田は吉本さんがキッチリとマーク。権田さんのキャッチングは非常に安定していて「ペナルティーエリア内で一番高さのあるセンターバック」の役割をキッチリと果たしていました。ゴールキーパーは飛び出すんなら間違いなく処理をして欲しいポジションですごーく割に合わない職業なんですが(笑)全ての判断で間違いはなかったんじゃないかな…?非常に安定したパフォーマンスを見せてくれました。これが一番大きかったように僕は思うのです。

また、こちらが守備に回った時のインサイドハーフの役割はかなり良かったように思います。サガン鳥栖って試合前の練習で「タテにボールを引っ張りだしてくる練習」が組み込まれてるタイプのチームみたいなんですが、普段試合ではそういうのやってるのかな?今日はたまにやってたけど、そう言うシーンはあまり作らせなかったかな?東京の守備はボール側にズンドコよって行く守備なのでサイドをあっちゃこっちゃ振られると一気に相手の好機になるんですが、そこら辺をインサイドハーフで埋めていた、って感じかなあ?僕にはそう見えましたけど。くたびれたら大変だなー、とは思いますが。

こういう形になってくるとチームの判断としては以下のようになりますかね。

  • 攻撃はじきに良くなってくる。後は決めるだけ的なところが多い。頑張れ。アタッカー頑張れ。最終的には攻撃ってそう言うもんだ。最後は個のアイデアだ。個と個のアイデアがばっちりハマるようになるとそれは連携だ。アイデアを出し合おう。ビルドアップはそこに行くまでの手段でござる。これはソコソコ自動化できる。特にカウンター。

守備に関しては3つ?

相手がやってくるだろうことを考えると…

  • ラインを抜け出す(こっちは加賀さんカバーできるか?)
  • 楽に蹴れる感じになったら放り込む。サイドに来たら放り込む(こっちは中央でシャットアウト)
  • とにかく左右に揺さぶる(こっちは特に中盤の選手疲れるまで走れw)

いやー、サッカーの事とか未だにあんまりようわからんので自分で書いててわけわからんくなってきましたw

と言うように僕は思っていたので得点に関してはめでたく2点。失点に関しては振り回されて追いつかなくなってキャッチ出来ずにはじいたら失点。アレでもビッグセーブだと思うんだけど。さすがだねー。

後ろの方の交代をするって言う手だてもあると思うんですが、今日はカードが一枚減ったし相手に脅威を与え続けたいので「ボールが出てくるところを潰す」って言う考え方もアリですよね。フレッシュな選手が前で追いかけ回せばいい。実際にそれで好機も出来てたのでハマったってことだと思うんですけどね。

ただ、いずれにしてもこれらを全部やるってことは、結局のところ「ファイトする」ってのが大事になるんですよな。これねー相手によるところも多いと思うんですよー。今日は鳥栖の方は随分とファイトしてきやがりましたからね。こっちもそれに応えたってところもあるかなあ。サポーターももうムキになっちゃったもんwww

今日の試合がとても面白く感じられたのは結局のところそう言う事なのかもしれないなあ。

相手がどんなだろうとファイトして勝ちをもぎ取る。これからも継続したいですね。クレバーにファイトしてサッカーの質も高めていきましょう!(失点時に落ち着かせるとか、キーパーが前の方だなーと思ったらシュートしてみるとかw)

いずれにしてもホームで勝てて良かったです。リーグ連勝になったのもホントよかったよね。

野次を飛ばしながら見てただけなんで、理屈っぽく書いてスゴく恥ずかしいし間違ってたら恥ずかしいんですが、ちょっと思った事を書いてみました!

-サッカー

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.