NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano

DJであり作曲家の人のブログです。DTMの事を書いたり、イベント告知したりします。友達は大切にしような。

ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

シネマティック音源スゲエ便利なので音源マニアになる人の気持ちがわかった件

更新日:

こないだシネマティック音源を買ったって言うのを書いたんですけど、今日はこんなんをやってみました。

https://soundcloud.com/nakano-syun/ooyata-1

ちょっと我ながらふざけきったタイトルだと思うんですけどwwww

っていうかこれ、そもそも交響曲の体を成してないので交響曲じゃないです!

なんか作業してる間に「あ、交響曲・大谷田いいじゃない。何の害もないし。せいぜい銭湯がなくなったくらいだよなあ」って思って。あ、例の時事ネタに関しての僕のスタンスはどっかに書いてあるので探してみてください。

ついでにanimotoって言うサービスで動画を生成してもらったらこれがなんとなく面白いんですよね。

なるほど。25秒くらいで収まるようにしたらソレっぽい動画を生成してくれるのか。タダで。なかなか面白そうなんじゃないですかね?アプリとかもあるんだよー。

Animoto Video Maker

無料

(2014.04.10時点)

posted with ポチレバ

色々面白いもんがあるねえ。

作業自体はなんか結構面白かった

この初心者用の音源を使ったんですけど。

結構いいですよね。単純に数小節のテーマ的なものを書いて「色々してみよう」って思えるっていうか。この数小節のテーマを作る事自体がMIDI音源でやるのは照れくさい作業だったりするんですが、ソコソコ鳴ってくれるしモジュレーションホイールとかのオートメーション書いたら表情がついてくるからやる気になるんですよな。そしたらガワをイロイロ変えてみたりする気にもなるし。

しかしこれねー、演奏法を切り替える事が出来ないんじゃないか?多分。

なので、線を書いていくうちに「あ、こういう表現をしたいな」って言う風になるとちょっとそれで作業のストレスにはなるんです。

なるんですが今のところなんとかなるなー、ってところですかね。鳴らせば鳴るからねえ。

僕の場合はこういう音楽はメインではないし得意ではないので、NIのでもいいとは思うんですが、多分こういうのがメインの人だったら音源マニアになるわなー。ひと昔前のサンプラー音源なんかヒドいもんだったからなあ。今はabletonの純正でも普通に何とかなりますからねえ。あれだってEQかけなくて平気なのでバランス取るくらいで、あんまり苦労もしないし。

とりあえず音源マニアの人の気持ちは久しぶりにわかったわー。でも個人的に最近は機材を増やす欲はそんなにないもんなあ。それでも一般的にみたらチカラ入れてる方だと思いますけどね。

お金あったらめっちゃ買うけど。まずはこれを鳴らしてなんかやって行ってみましょう。

-ギ!ミッシェルガン・ヒルアンドン

Copyright© NKS.tokyo - a.k.a Syun Nakano , 2018 All Rights Reserved.